FC2ブログ

記事一覧

バカは死ななきゃ治らない/100%愛してる/パパはどうして捕まったの?/私がおばあちゃんになっても(加納三代さんブログ)(2021年1月17・18・21日)

バカは死ななきゃ治らない
2021-01-21 20:45:30

テーマ:母子家庭

仕事を終えて19時。学童に長女を迎えにいきました。長女が私にギュッと抱き着いてきて涙目。

「あのね私、学校で変なこと考えちゃったの。

ママは私に優しいけど、本当は嫌いでいつかいなくなっちゃうんじゃないかと思って。」私は切なくなりました。

「そっかあ。パパはとっても優しくていっぱい遊んでくれてたのに、悪いことして逮捕されていなくなっかたらだね。だけどさ、日本全国
のパパをみてみなよ。長女ちゃんの学年のパパでもいいけど。逮捕されたのはうちのパパだけで、他のパパは逮捕されてないでしょ。

だから、パパだけがおかしいんだよ。普通のパパは、優しいふりして悪いことなんてしないのよ。」

長女は下を向いて「なんで私のパパだけ、逮捕されたの?」

私は肩をとんとん叩き「運悪く、悪いパパにあたっちゃったんだよね。

でも大丈夫。パパにひどい目に遭った分すっごくいいこともあると思うよ、これから」といって、頭をなでなでしてやりました。

元夫追訴。

キャプチャ

ALS嘱託殺人罪の医師を追送検 診断書不正交付の疑い(共同通信) - Yahoo!ニュース
 難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の嘱託殺人罪で医師2人が起訴された事件で、京都府警は15日、診断書を不正に交付したとして医師法違反の疑いで大久保愉一被告(42)=仙台市=を追送検し

Yahooニュース➡ここをクリック

また、膨大な検察の資料のコピー代が数十万かかるとの訴えが報道になりました。

キャプチャ2JPG

ALS嘱託殺人、証拠のPDF開示請求 コピーに数百万円で弁護側 検察拒否 - 毎日新聞
 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する嘱託殺人事件で、裁判の争点を絞り込む公判前整理手続きが京都地裁で進む中、検察側の証拠の開示方法について弁護側が変更を求めている。量が膨大で、コピー代が数百万円に上る可能性があるからだ。弁護側はPDFなど電子データでの開示などを求めたが、検察側は拒否。弁

毎日新聞➡ここをクリック

何やってんのかな~。と思います。

検察が押収した紙資料の大半は、うちにあるし、取り寄せも容易。コピー代の30万を私に払って、お願いしてくればいいのに。

意地でも元妻には頼みたくないという意地?なんだろうね。

実際、診察したはずがない山本氏のカルテを先月みつけていました。

「ばかだな~、また追訴だよ」とおもっていたところ、そのとおりになりました。

そもそも「どうせ有罪で、医師免許取り消しが確実なんだから、闘う労力と時間と弁護士代が無駄」だと考えないところが、愚かだと思います。

医師免許取り消しか執行停止数か月にとどまるかどうかの瀬戸際だというなら闘う意味もあるでしょうけどね。

とっとと結審させて、模範囚演じて、恩赦勝ち取ったほうがよっぽど早く社会に出てこれるでしょうに。

何やってんだか。

バカは死ななきゃ治らない。

昨夜次女から「ママ、結婚相手みつかった?」とプレッシャーかけられたので。

私は婚活頑張ります

ネクストネクスト~~~~~



100%愛してる
2021-01-18 20:22:28

テーマ:加害者家族の日常

長女と二人っきりの車中でのこと「ママあのね。私、パパに似てるでしょ。だからパパが悪いことしたみたいに、私も悪いことしちゃうんじゃないかって、心配になっちゃうの」私はドキッとして「誰かにそういうこと、言われてるの?」と聞きました。犯罪加害者の子どもだから差別にあっているのかと思ったのです。

「誰にも言われてないんだけど、勝手に自分でそう考えちゃうの」ときいて、ちょっと安心。そこで私はちょっと茶化すことにしました。

「そっかあ。でもねえ。長女ちゃんは、ママの悪いところもたくさん似てて、マネしてるよ。ママのお片付けが嫌いなところとか。宿題をぎりぎりまでやらないところとかさ。長女ちゃんは、ママのマネしないように気をつけなきゃね」といったら、長女は笑い出しました。

「次女ちゃんは、ママに似ているけど、お掃除はちゃんとするもんねえ。」

そして私は、長女の目をみて言いました。

「長女ちゃんは、パパからいいところもたくさんもらっているよ。英語ができるのも、パパに似たんだし。手先が器用なところもそっくり。

パパの悪いところは、勉強だと思って、よく考えて、マネしないようにしたらいいんだよ。

ママの悪いところからも、勉強してね」と言ったら、長女はすっきりしたようで「ママ、100%愛してるよ」と、ほっぺにkissしてくれたのでした。

子どもたちは私のブログを読んでいます。

夫の犯したことも、包み隠さず話しています。

留置所にいる哀れなパパにも、面会させました。

現実に真正面から向き合って、乗り越える母娘で手を取り合って。この方針で間違いはなかったことを、実感する今日この頃。

笑顔で生きていけるようになったので。

少し気がかりではあります。元夫の事。

家族の支えがあるかどうかは、更生いかんに影響するでしょうからね。

でも、支える気にはなれない。

私を経営上も人生でもパートナーと認めていなかったから私の知らないところで、事件を起こしたわけでしょうしね。私の制止を振り切ってやりたいようにやって、逮捕されているわけだし。

次は認め合って、わかり合って、支え合える人に出会えますように。

頑張ります。



パパはどうして捕まったの?
2021-01-17 19:46:17

テーマ:加害者家族の日常

久々のオフ。次女のピアノの練習に付き合いました。すると次女が手をとめて「ママあのね、私嘘ついちゃったの。」といいます。

「〇〇君からね”次女ちゃんのお父さんは何のお仕事しているの?”って聞かれて”遠いところにある病院で働いてるから祝日しか帰ってこれないんだ”って嘘をいっちゃったの。ねえ、ママ。パパは何年待ったら、帰ってくるの?」と聞かれたのです。私は次女の目をみていいました。

「離婚しちゃったから、パパはず~っと帰ってこないよ」

すると次女は「ねえママ。パパは、どんな悪いことをして捕まったの?」と聞いてきたのです。

くるべきときが来たと腹をくくった私は、次女を抱き寄せて髪をなでながら、お話ししました。

「ALSっていう病気があってね。身体が少しずつ動かなくなる病気なの。歩けなくなって、自分でごはんが食べられなくなって、のみこめなくなって、息も自分ではできなくなってまばたきもできなくなっていく病気なんだよ。

パパは、ALSの患者さんに”病気で苦しいから死なせてください”とお願いされてね、死なせにいってしまったんだよ」

次女は、私を向いて「え、だめじゃん。断らないと」と強い口調でいいました。私はもう一度次女を抱きしめて「断るだけでいいかな。パパはどうすればよかったかな?」と続けました。次女は「パパはお医者さんなんだから、治してあげなきゃいけないじゃん」と膨れていいます。

私は「治せない病気なんだよ。治せないとしたらどうしたらよかったかな?」とさらに畳みかけました。

「うーん。面白いお話しをして、笑わせてあげたりとか。お歌うたってあげたりとか。折り紙で鶴つくってあげたりしたらよかったんじゃない?」と次女は応えてくれました。

私はその言葉をきいてうっとつまりそうになりました。6歳の子どもでもわかることが、なぜ元夫にはわからなかったんだろうと思えてしまってね。私は目をうるっとさせながら次女をぎゅっとまた抱きしめていいました。

「次女ちゃん、大きくなったらナースになりたいんだよね。パパが間違ってしまったことから、よく勉強して、よく考えて。次女ちゃんは、いいナースになってね。病気やケガをした患者さんの心をわかって、助けてあげられるナースになるんだよ」と伝えました。

次女は「ナースになるの、心配になっちゃった。ナースって難しいお仕事だね。わたし、ママみたいにソーシャルワーカーになりたいな。ソーシャルワーカーって、どんなお仕事をするの?」と聞いてきたので「困っている人のお話しをよくきいて、住むところを探してあげたり、ヘルパーさんがきてくれるように手続き手伝ったり、生活保護とか年金っていうお金がもらえるようにお手伝いしたりする仕事だよ」と説明。すると次女は「わたし、ナースとソーシャルワーカー、両方なることにした」と決意表明があり。

そして最後に「ママ。パパのこと、詳しく説明してくれて、ありがとう。」といい、長女と遊ぶために、駆けていったのでした。

今日はこどもと雪遊びに出かけました。屈託なく遊ぶ姿を見ながら、そっと胸をなでおろしたものです。



私がおばあちゃんになっても

2021-01-17 19:22:50

テーマ:母子家庭

性欲って、閉経までだと思っていた。

男子も、更年期ごろにできなくなるもんだと思っていた。するとうちの役員さんらから「おまえ、甘い。死ぬまで続くと思ったほうがいい」
と説教され、数々の事例をきかされたのです。

えええ~。70とか80になってもおおおお!驚いた私は、すぐさま婚活をはじめました。70代からの性欲対策で、です。

44歳の今は、デートの相手を探すのは全然難しくありません。なので、仕事と子育てにかまけて、婚活なんて、考えたこともなかったのです。

もう子供もいるし、家もある無理して結婚する必要なんかないとも思っていました。

だけど、役員さんらのアドバイスのおかげで70歳になって、80歳になっても心身ともに求めあえるとすればそれまでの二人の関係において、病気など数々のトラブルを乗り越えてきた歴史と感謝と信頼があるはずなのです。ということは、40代の今から感謝と愛と信頼の貯金ができるお相手を

つくっておかないといけないのだと気が付かされたのですね。

というわけで、婚活頑張ってます。

この前お会いした方は、離婚調停中(既婚者やん!)でしたけど。

めげずに、ネクスト




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ