FC2ブログ

記事一覧

無症状でも容体急変、「自宅で死亡」16人…全国で3万230人が療養中(2021年1月21日配信『読売新聞』)

キャプチャ

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中に症状が悪化して亡くなった人が昨年12月以降、8都府県で計16人に上ることが読売新聞のまとめでわかった。病床の逼迫(ひっぱく)で受け入れ先の調整が難航しているほか、軽症者の容体が急変するケースもあった。1都3県への緊急事態宣言発令から21日で2週間。厚生労働省によると自宅療養者は13日時点で3万230人で、療養体制の強化が急務となっている。

 死亡した16人を都府県別にみると、最も多かったのは東京の6人。栃木、神奈川、京都が各2人、群馬、千葉、大阪、広島で各1人だった。京都の1人は滋賀県内に自宅があり、京都市が感染を確認した。年代が公表されている11人は50歳代~80歳代だった。

 東京では、今月7日に感染が判明した80歳代の男性について8日に入院先を探したが見つからなかった。いったん症状が改善したものの、11日に容体が急変して亡くなった。

 大阪府では、60歳代の男性が感染し、1月15日に保健所から入院を勧められた。男性は「(体調が)良くなったので入院しない」と話し、自宅で療養していたが、翌16日に容体が急変して死亡した。栃木県では今月4日と12日、2人が死亡。いずれも無症状だったため自宅で療養していたが容体が急変した。

 厚労省によると、自宅療養者は年末年始に急増。今月13日時点には3万人を超え、先月16日から約3・8倍に増えた。



歩いて病院行った持病ある陽性の60代男性、「入院不要」で帰宅したら次の日に死亡(2021年1月21日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、1都3県に出されて21日で2週間。感染者の急増に保健所の調整業務が追いつかず、入院できないまま自宅で亡くなるケースが相次いでいる。症状が軽い人でも、急に悪化する可能性もあり、専門家は「異変があれば早急にかかりつけ医に連絡するように」と呼びかけている。

容体急変


 「保健所は入院させようと調整したが、かなわなかった。最大限の対応はしたが……」。千葉県は20日夕、保健所を所管する渡辺真俊・保健医療担当部長らが記者会見を開き、自宅療養中の感染者の死亡を発表した。

 県によると、亡くなった感染者は60歳未満の成人。今月中旬、38度台の発熱やせきなどの症状が出て、陽性と判明した。循環器系の基礎疾患があったが、保健所は当初、自宅で療養が可能と判断した。しかし、療養開始から8日後の18日、せきの症状が悪化。保健所が入院先を探したが受け入れ先は見つからず、その日のうちに亡くなった。

 広島市では昨年12月、持病のある60歳代男性が自宅療養中に亡くなった。広島県などによると、同月13日に陽性が判明したが、14日に診察した病院は、自力で歩行できていることなどから「直ちに入院が必要な状態ではない」と判断。男性はいったん帰宅し、入院準備を進めていたところ、15日に自宅で死亡が確認された。県の担当者は「自宅にいる患者の急変をどう察知するかが重要」としている。

 保健所が連日、健康観察していても、救えなかったケースもある。

 群馬県で昨年12月25日に死亡した高齢者は、基礎疾患や軽い呼吸器障害があったが、医師の判断で自宅療養となった。保健所が1日1回以上の健康観察を続け、同24日に容体の安定を確認したばかりだった。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ