FC2ブログ

記事一覧

国民をバカにするだけのお仕事?菅首相「棒読み施政方針演説」の異常性(2021年1月21日配信『MAG2ニュース』)

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、今月18日に招集された通常国会ですが、新宰相には国民に寄り添う気などないようです。今回のメルマガ『きっこのメルマガ』では人気ブロガーのきっこさんが、今国会の菅首相の「施政方針演説」が「読売国際経済懇話会」での講演の使い回しである証拠を示すとともに、国民に対して政治理念を発表する場において、焼き直しの原稿を棒読みする首相の不誠実さを強く批判しています。

使い回しの施政方針演説

安倍晋三が二度目の「政権丸投げ」を炸裂させたことで、二階俊博の描いた絵図によって「ミスター後手後手」こと菅義偉が自民党総裁に選出されたのが2020年9月14日、そして、首相官邸で就任会見を行ない、「自助・共助・公助、そして絆」という噴飯物のキャッチフレーズを掲げたのが2日後の9月16日でした。

しかし、菅義偉は、新型コロナの感染拡大に苦しむ国民などホッタラカシで、何のメッセージも発しないどころか、火に油をそそぎ続ける「Go To キャンペーン」を継続したまま、10月には待ってましたとばかりに外遊し、インドネシアに500億円もの円借款(えんしゃっかん)をバラ撒いて来たのです。「円借款」とはお金を貸してあげることなので、プレゼントではありませんが、相手国の財政が苦しくなれば返還の義務がなくなります。これまでに返って来ない円借款も複数あります。

この時点で、あたしたち日本国民は、まだ菅義偉から何の政策も方針も聞かされていませんでした。首相に就任した人物が、自国民への挨拶よりも他国へのバラ撒きを優先するなんて、前代未聞の行動です。菅義偉は、帰国後の10月26日、臨時国会の冒頭で、ようやく「所信表明演説」を行なったのです。しかし、その内容は「Go To キャンペーン」の推進や「マイナンバーカードの普及」などに重心を置いた「国民不在」のお粗末なものでした。その上、菅義偉は問題山積の状況をスルーして、トットと国会を閉会してしまったのです。

11月が過ぎ、12月が過ぎ、年が明けての1月18日、まさに「後手後手の通常国会」が開かれ、ようやく菅義偉は「施政方針演説」を行ないました。でも、今回の菅義偉の「施政方針演説」を聞いて、あたしは不思議な既視感、デジャヴュー感に包まれてしまいました。あたしは一語一句を聞き逃さないように真剣に聞いていたのですが、しばらく前にどこかで聞いたようなフレーズが次々と流れて来たからです。

それで、あたしは、自分の記憶の糸をたどりつつ調べてみたのですが、あまり時間が経っていなかったので、すぐに思い出しました。菅義偉は昨年12月22日、「読売国際経済懇話会(YIES)」に招かれて東京都千代田区の東京会館で登壇し、約200人の財界人が「密集」している会場で、約45分間の講演を行ないました。あたしは、それをYOU TUBEの動画で観たのですが、その内容が今回の「施政方針演説」の内容とほとんど同じだったのです。

今回の「施政方針演説」は、まず「新型コロナ対策」について述べ、そこから「カーボンニュートラル」や「デジタル化」、「少子化問題」や「地方創生」へと流れて行きましたが、1カ月前の「読売国際経済懇話会」での講演内容も同じなのです。もちろん、各項目を優先順に取り上げるのですから、全体の構成が似てしまうことは仕方ありません。しかし、その内容を照らし合わせてみると、あまりにもソックリなのです。たとえば「少子化問題」についての冒頭の部分を、一語一句、そのまま文字起こししてみます。

2021年1月18日【施政方針演説】

長年にわたり、我が国の最大の課題と言われてきたのが「少子化」の問題です。結婚や出産、子育てを希望する方々の声に丁寧に耳を傾け、ひとつひとつの望みを実現していきます。


2020年12月22日【読売国際経済懇話会】

長年にわたり、我が国の最大の課題と言われてきたのが「少子化」の問題です。結婚や出産、子育てを希望する方々の声に丁寧に耳を傾け、その方々の望みの障害をなくす対策を講じる必要があると思い、実行に移しています。


皆さん、これ、どう思いますか?1つ1つ挙げていると「姑の嫁いびり」みたいになってしまうので、文字起こしはこの部分だけにしておきますが、これと同様に、ソックリな部分や前後の語句を入れ替えただけの部分、意味が同じ部分などが何カ所もあるのです。大きく違っているのは、最初の「新型コロナ」に関する部分だけです。「新型コロナ」に関しては、昨年12月と現在とで状況が大きく違いますから、原稿の内容が違っているのは当然です。

昨年10月の「所信表明演説」ともほとんど変わらず

しかし、それ以外の部分は、すべての項目がまったく同じ内容で、先ほどのようにソックリなフレーズも散見されるのです。これはどう見ても「読売国際経済懇話会」での原稿を書いたスピーチライターが、その原稿を基にして加筆・改編した「使い回しの原稿」「焼き直しの原稿」でしょう。

でも、今思い出しましたが、12月22日の「読売国際経済懇話会」の講演を観た時にも、あたしは不思議な既視感を覚え、その時に調べてみたら、10月26日の「所信表明演説」の内容とほとんど変わらなかったのです。つまり、菅義偉のスピーチライターは、10月26日の「所信表明演説」の原稿を二度にわたって加筆・改編した「焼き直し版」を作り、菅義偉はそれを棒読みしていたのです。

安倍晋三は、毎年の「原爆の日」のスピーチで、広島で使った原稿の「広島」の部分を「長崎」に書き換えただけのものを長崎で棒読みして来ましたが、さすがは「安倍政治を継承する」と公言した菅義偉ですね。やっていることが安倍晋三と五十歩百歩です。原爆の犠牲になった人々への気持ちが1ミリもない安倍晋三、新型コロナに苦しむ国民への気持ちが1ミリもない菅義偉、まさに目クソ鼻クソです。

ところで今回、菅義偉が「施政方針演説」を行なう前に、立憲民主党の蓮舫議員が原稿の一部をツイッターに投稿したとして、与党が蓮舫議員に謝罪と投稿の削除を求めるという一幕がありました。投稿は削除されましたが、蓮舫議員は「内閣総務官室に確認、取り扱いに関するしばり(制限)は特段なく、便宜上配布するとのこと」とツイートし、投稿に問題はなかったと説明しました。しかし、最終的には立憲民主党の吉川沙織野党筆頭理事が「こうしたことが発生したことは誠に申し訳ない」と謝罪に追い込まれてしまいました。

しかし、今回の菅義偉の「施政方針演説」の原稿は、冒頭の「新型コロナ」に関する部分の他は、すべて1カ月前の「読売国際経済懇話会」の講演で棒読みされたものとほぼ同一であり、その映像はYOU TUBEを始め複数の動画サイトで誰でも見ることができるのです。1カ月も前から世界中に配信されている講演の内容とほとんど変わらない原稿なのですから、それをツイートしたって何の問題もないでしょう。

そもそも「所信表明演説」や「施政方針演説」というものは、時の首相が国民に対して、自分の政策や方針だけでなく政治理念も含めて発表する大切な演説です。それが「使い回しの原稿」だなんて、国民をバカにするにも程があります。それも、1カ月前に「一部の財界人」の前で棒読みした原稿の焼き直しだとは、何が「国民のために働く内閣」ですか? これじゃ「一部の富裕層のために働く内閣」じゃありませんか!‥‥あっ!だから「安倍政治を継承する」と公言たのですね。この点だけは、大嘘つきの安倍晋三と違って、とても「正直」ですね。(『きっこのメルマガ』2021年1月20日号より一部抜粋・文中敬称略)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ