FC2ブログ

記事一覧

岐阜県・土岐手話サークル竹の子 コロナで活動縮小、でも灯は消さず(2021年1月24日配信『中日新聞』)

a href="https://gogotamu2019.blog.fc2.com/img/20210124162043d9b.jpg/" target="_blank">キャプチャ
児童に手話を教えるサークルのメンバー(右)=土岐市濃南小で

 岐阜県内の手話サークルで2番目に長い約半世紀の歴史がある土岐手話サークル竹の子(土岐市)が、新型コロナウイルスの感染拡大により活動の縮小に直面している。聴覚障害者への理解を深める講演や手話通訳などに取り組んでいるが、メンバーも徐々に高齢化。若い世代への引き継ぎの活動を地道に行い、ボランティアの灯をともし続けたいとしている。 (真子弘之助)

 19日に土岐市鶴里町の市濃南小学校で開かれた手話講座。サークルの小林路子さんと可知琴子さんが、6年生の児童に「おはようございます」「ありがとう」といった簡単なあいさつのほか、誕生日を伝える数字の手話を教えた。

 「大きな声で呼び掛けても振り向いてくれないときは、耳が不自由かもしれないと思って相手の見えるところまで回り込んでみて」。聴覚障害者に出会ったときの心構えを説くと、うなずく子どもたち。人気曲「パプリカ」を手話をしながら歌う練習を一緒に行った。

 サークルは聴覚障害者の社会参加を促すため、手話を広めるという目的で、聴覚障害者やその家族などが1974年に結成した。現在は42人の会員が所属。土岐市下石町の市の福祉施設ウエルフェア土岐と同市泉中窯町の泉公民館の2カ所で毎週1回例会を開き、講師を招いたり会員同士で教え合ったりして手話を学んでいる。

 土岐市や周辺地域の学校や福祉施設を訪問しての手話講座などを開き、手話の普及活動にも取り組んでいる。市議会議員の立会演説会や青少年の作文朗読などの行事に依頼があれば手話通訳を担っている。

 しかし、新型コロナの影響が影を落とす。市の施設が使えず、昨年4月以降は毎週2回の例会を開けていない。各種イベントも中止となり、活躍の機会も奪われた。事務局を務める水野政明さん(61)は「事前に準備ができる作文朗読会などは、手話通訳初心者にとって上達の第一歩。開催できないとモチベーションを下げてしまう」と頭を抱える。

 メンバーの年齢層は40〜70代で、若い世代は皆無。1981年の国際障害者年には、福祉への意識が高まったこともあり百人を超え、看護学生なども参加していたが、以降は会員が徐々に減少。水野さんは、手話通訳の手助けが必要であった聴覚障害者もインターネットなどで情報を得られるようになり、地域のコミュニティーに参加しなくなったことも要因の一つとみる。

 水野さんは「聴覚障害者と手話で会話しながら上達していく場が減っているのも、会員が減っている原因かもしれない」と想像する。サークルの活動目的は「手話を覚えるだけでなく、聴覚障害者への正しい理解を促すこと。この理念を広めていきたい」とサークルの活動の重要性を若い世代に伝えていくつもりだ。




キャプチャ

岐阜県サークル協議会➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ