FC2ブログ

記事一覧

視覚障害者の地下鉄駅利用を支援(2021年1月28日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

視覚障害者に安全に駅を利用してもらおうと、東京メトロが新たなシステムを導入しました。

駅構内の点字ブロックに貼られたQRコードをスマートフォンで読み取ると、ホームまでの順路などを音声で案内するシステムで、27日から運用が始まりました。

このシステムは東京メトロが初めて導入し、千代田線、有楽町線、副都心線の合わせて5つの駅で27日から運用が始まりました。
このうち副都心線の西早稲田駅では、視覚障害者の女性が実際にシステムを試して歩きました。

スマートフォンの専用アプリを立ちあげ、乗りたい車両や行きたい出口を選んだ上で点字ブロックに沿って進むと、スマートフォンのカメラが点字ブロックに貼られたQRコードを読み取り、「右に8メートル進んでください」などと音声で案内します。

階段やホームの端が近づいていることや、順路を外れてしまったときにも何メートル戻ればよいか知らせてくれ、女性は白じょうをつきスマートフォンをかざしながら1人で改札を抜け、目的の車両までたどりついていました。

利用した女性は「1人で歩いていると、ホームや改札の場所が分からなくなり、うろうろしてしまうことがあるので、すばらしいシステムだと思う。他の駅にもどんどん広がって欲しい」と話していました。

東京メトロはことし4月までにさらに4つの駅に導入することを決めていて、今後、利用状況を見ながらほかの駅にも広げるかどうか検討するということです。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ