FC2ブログ

記事一覧

旧優生保護法訴訟 小島さんが控訴(2021年1月28日配信『北海道新聞』)

キャプチャ4
判決を前に札幌地裁に向かう原告の小島さん(前列左から2人目)ら(15日午後)=共同

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市北区の小島喜久夫(きくお)さん(79)が国に1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、小島さんが28日、請求を棄却した一審札幌地裁判決を不服とし札幌高裁に控訴した。

 小島さんは取材に「手術を受けさせられた被害者全員の苦しみが裁判で認められるよう、もう少し頑張りたい」と述べた。手術の当事者は高齢化しており「国は一日も早く、自ら責任を認めてほしい」と訴えた。

 15日の一審判決によると小島さんは60年ごろ、精神疾患患者とみなされ、札幌市の病院で不妊手術を強いられた。判決は、不妊手術に関する旧法の規定を「子を産み育てるか否か意思決定する自由を侵害する」などとして違憲と判断。一方で被害から20年で賠償請求権を失う「除斥(じょ せき)期間」が過ぎたとし、請求を退けた。

 道央の夫妻も同種訴訟を札幌地裁に起こし、2月4日に判決が言い渡される。(川崎学、中秋良太)





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ