FC2ブログ

記事一覧

発達障害に差別的発言 佐賀市長と神埼市長、知事との意見交換(2021年1月29日配信『西日本新聞』)

キャプチャ
佐賀市の秀島敏行市長(左)と佐賀県神埼市の松本茂幸市長

 26日に佐賀市であった佐賀県知事と県内20市町長が意見交換する会議で、佐賀市の秀島敏行市長(78)と神埼市の松本茂幸市長(70)が発達障害者への差別と受け取られかねない発言をした。秀島氏は「少子高齢化で、お年寄りを支える側に回り切れない子どもたちが増えていく実態をどうするのか心配だ」と述べた。松本氏は「原因究明されると、そう(発達障害に)ならない子どもは健常者として一生幸せに暮らせるんじゃないか」と語った。公の会議での発言で波紋を広げそうだ。

 会議は報道陣に公開された。県市長会からの提案として、会長の秀島氏が発達障害児の現状と課題を報告した。佐賀市では発達障害とその疑いのある小学生の割合が2010年度の3・12%から20年度は11・41%に増加。20年度の市の関連経費(障害児通所給付費を除く)は2億9210万円で、うち市費が87%に上る。秀島氏は財源不足の懸念と発症に関する原因究明を課題として挙げた。

 松本氏は出産直後に母親が子どもを抱く「カンガルーケア」と完全母乳の導入後から発達障害が増えたとする元産婦人科開業医の講演資料を紹介。「後天的に原因があって発達障害を招いているなら、防いでやるのが大人の責任」と話した。

 これに対し、嬉野市の村上大祐市長(38)は「幼少期でしっかり観察しているから増えている。発達障害が増えることを悪として捉えるような議論の前提はやめるべきだ」と反論した。

キャプチャ
嬉野市の村上大祐市長

 28日の西日本新聞の取材で、秀島氏は「発達障害者は就労に結びつきにくく、対人関係のつらさを感じることがあることを訴えたかった。差別や蔑視の意図は全くない」と説明。松本氏は「経費増に関する議論の参考になればと考えた。資料の内容を自治体として絶対に進めていくという考えはない」と釈明した。発言は共に撤回しないという。

 自閉症スペクトラムの娘を育てる佐賀市の女性(39)は「子どもは高齢者を支えるためだけに生まれたのではない。財政が厳しいなら市の支援は受けない方がいいのだろうか」と寂しそうに語った。

 発達障害に詳しい久留米大医学部の山下裕史朗教授(小児神経学)は「発達障害のサインに早く気付いて療育すれば支える側になれる。予防の議論ではなく、子育て支援こそが自治体の仕事だ」と指摘した。

 (北島剛、米村勇飛、星野楽)



佐賀・神埼市長、「発達障害」巡り不適切発言 首長会合で(2021年1月29日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
松本茂幸氏=遠藤雅彦撮影

 26日に佐賀市であった佐賀県と県内20市町の首長が議論する「GM21ミーティング」で、神埼市の松本茂幸市長(70)は発達障害児について「原因が究明されると、そう(発達障害に)ならない子供は健常者として一生幸せに暮らせるのでは」と発言した。松本氏は毎日新聞の取材に「不適切な発言だった。おわびする」としつつ、「市長としては発達障害は不幸だと思う。みんなそう思うのでは」との考えを明らかにした。

 松本氏は会合で「後天的に原因があり発達障害を招いているなら、除いてやるのが大人の責任」とも発言。佐賀市の秀島敏行市長(78)も「少子高齢化の中でお年寄りを支える側に回りきれない子供が増えている実態をどうするか心配だ」と述べた。松本氏は取材に「発達障害のある全ての子供が一生不幸であると誤解を招く表現だった」とした。秀島氏は報道陣の取材に「差別、蔑視のつもりは全くない。つらい思いをする人を少しでも減らしたいという趣旨だ」と答えた。

 発達障害がある息子がいる佐賀市の女性(48)は「発達障害児が社会に迷惑を掛けているかのような発言で腹立たしい。発達障害児を減らすのではなく、障害のある人もない人も生きづらさを感じない社会を作る議論をすべきだ」と述べた。【池田美欧、山口響】



「発達障害者はお年寄り支えられない」…市長が会合で差別的発言(2021年1月30日配信『読売新聞』)

 佐賀市の秀島敏行市長は26日、同市で開かれた県内市町の首長らによる会合で、発達障害者の増加に関して「お年寄りを支える側に回りきれない子どもが増えている」と発言した。29日、読売新聞などの取材に応じ、「若い世代に次の時代を担ってほしいということだ」と説明した。

 会合では地域の課題を巡って意見が交わされた。その際、秀島市長は発達障害者の増加が自治体の財政負担につながっていると指摘。現役世代が高齢者を支える社会保障制度に与える影響についても懸念を示し、発症の原因究明を訴えた。また、神埼市の松本茂幸市長は「原因が究明されると、子どもは健常者として幸せに暮らせる」と述べた。

 これに対し、他の首長の一人は「議論の前提として、発達障害が増えること自体を悪と捉えるのは改めるべきだ」と苦言を呈した。

 取材に応じた秀島市長は「(発言を)撤回するつもりはない」とした上で、「発達障害で悩む人、つらい思いをする人を少しでも減らしたい」と強調。一方、松本市長は「『発達障害のある子どもは不幸』と誤解を招く表現で、不適切だったことをおわびする。みんなが元気に暮らせる社会を作ろうというのが本意だ」と話した。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ