FC2ブログ

記事一覧

コロナ対応で風評被害…赤字でボーナス減額の病院「職員の臨時手当に」クラファンに目標の5倍の4800万円(2021年1月29日配信『東京新聞』)

キャプチャ

 新型コロナウイルス診療の影響で赤字になった茨城県守谷市の医療法人「慶友会」が、ボーナス減額を強いられた全職員に臨時手当を出すため、クラウドファンディング(CF)で支援金を募った結果、目標額の5倍近い約4800万円が集まった。現場の医師らは「全ての医療機関への応援と受け止め、今後も診療を頑張りたい」と話している。 (宮本隆康)

◆プレハブで発熱外来開設…1700人を診察

キャプチャ
防護服姿で慎重に感染者の入院着などを洗う守谷慶友病院の職員=茨城県守谷市で(同病院提供)

 慶友会が運営するのは、地域の中核病院で178床の「守谷慶友病院」。県の要請でコロナ入院患者用に12床を用意し、昨年4月に受け入れを始めた。プレハブ施設を建てて発熱外来を開設し、感染疑いの人も診察している。

 入院患者は今月28日現在で、重症者1人、中等症8人。昨年11月下旬から12月は満床状態で、これまで累計で56人を受け入れた。発熱外来では、これまで約1700人を診察している。
 感染症指定医療機関ではないため、当初は病院内に不安の声もあったが、「どこかの病院が受け入れなければ」と判断。防護服の着脱や、感染者のいる空間の区分け方などを学んだ。それでも昨年4月下旬には、コロナ患者の担当看護師1人が感染した。

◆「もう行かない」一般外来が減少 コロナ診療の支出は増加

 看護師感染が報道されると「もう行かない」などの電話が相次いだ。職員からは「地域のためと思っているのに、周りの視線が冷たく感じる」「高齢の家族がいて、自分がウイルスを持って帰らないか心配」との声も上がった。

 風評被害などで一般外来が減少した上、コロナ診療の支出も増加。昨年4~8月で約1億8000万円の赤字に陥った。慶友会の全職員約500人は、昨年冬のボーナスを減らされ、本年度の昇給も見送られた。

◆異例の早さで目標達成「勇気もらえ、感謝でいっぱい」

 このため、慶友会は昨年11月末から1カ月間のCFを始め、職員に臨時手当を出す支援金を募った。開始から34時間で目標の1000万円を達成。CFサイト運営会社「READYFOR(レディーフォー)」によると、異例の早さ。県内外の寄付者から「日々応援しています」「誇りに思います」などのコメントも多く寄せられた。

 慶友会は全額を使い、全職員に約7万円の臨時手当を支給。コロナ患者に直接対応する職員には、さらに約7万円を上乗せすることを決めた。

 守谷慶友病院の今村明院長は「臨時手当でボーナスの減額分を穴埋めできたわけではない。赤字も一時期ほどではないが、まだ続いている。それでも支援と応援の言葉で職員たちは勇気をもらい、感謝の気持ちでいっぱい」と話している。



キャプチャ0JPG

たくさんのご支援と感動をありがとうございました。

今、 日本全国で看護や介護に携わる職員の不足が深刻になってきております。今回のクラウドファンディングへの挑戦には様々な葛藤がありました。飲食業も、接客業も、教育も、ホテルもどこも苦しい、みんなが辛い中で、自ら悲鳴を上げて良いのだろうか?ここで歯を食いしばって黙々と職務を遂行することこそ医療従事者の務めではないか?地方の名もない小さな病院の叫びを誰が聞いてくれようか?

しかし、この状態をいつまで続けるのか?当初は臨時に病棟の一つを感染病棟とし、外来もプレハブで開始したものの、もう少し、もうしばらく、と続けてきました。今後の体制を整えるためには、現状では人も物も無理がある、現場の赤裸々な声を発信するのは今、この冬であると思い至り、踏み切りました。

結果として、この反響の大きさに驚きと感動を得ました。日本全国の皆様、そして地元の患者様とその家族の温かいメッセージに心打ち震えました。

連日暗いニュースが続きますが、日本は捨てたものではない、光はすぐそこにある、そう感じた1か月でありました。改めてご支援いただいた皆様に感謝致します。

医療は大変です。手間がかかります。人手がかかります。どんなにAIや機械化が進んでも、人の温かさに勝るものはありません。しかし、人に温かさを提供するにはある程度の保障が必要です。

その心を汲んでくださった方が、これほどいらっしゃるなら、コロナ禍はきっと乗り越えられるでしょう。これからはどうぞ日本の医療全体に目を向けてください。我々一同も尚一層、精進してまいります。

2020.12.25 追記
医療法人 慶友会 理事長 石井慶太
医療法人 慶友会 守谷慶友病院 院長 今村 明



キャプチャ2JPG

キャプチャ3

皆さんからいただいた温かいコメント、クラウドファンディング終了時にはこんなになりました。

場所が限られているためにすべては張り切れませんが、来院した皆さんがいつでも見ていただけるように、病院ロビーにしばらく貼っておきます。

日本全国から寄せられた、心温まるそして勇気づけられるコメント、本当に感謝してもしきれません。

病院にお越しの際はぜひご覧ください。

応援コメント詳細は➡ここをクリック






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ