FC2ブログ

記事一覧

英国型コロナのスーパースプレッダー イスラエルで大感染(2021年1月31日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
ワクチンを接種するイスラエルのネタニヤフ首相(C)ロイター

 衝撃的な感染力だ。新型コロナウイルスの変異株の感染力は従来型と比べ、英国型が1・7倍、南アフリカ型は1・5倍強いとされているが、イスラエルで英国型に感染したスーパースプレッダーが出現。1人から184人に感染させ、ワクチン接種数世界トップの国の医療現場が大混乱に陥っている。

■世界トップのワクチン接種でも変異株猛威

 米ファイザー製ワクチンの大量入手に成功したイスラエルは、人口当たりのワクチン接種数で世界トップ。人口100人当たりの接種数は47・9回で、英国10・8回や米国7・1回などを大きく上回っている。人口のおよそ3割にあたる約270万人が接種を済ませ、3月末までに16歳以上の国民全員への接種完了を目指す手際の良さ。ところが、集団免疫の獲得に突き進む最中に英国型が猛威を振るい始めた。足元では新規感染者の半数を占め、強烈なスーパースプレッダーまで現れた。

「問題は高い感染率です。ドバイから飛行機で来た1人の患者が184人を感染させました。1人が184人ですよ!」

 エルサレム市内のヘブライ大医学部付属ハダサ病院に勤務する医師のメボラ教授は、第2ドイツテレビの取材にこう応じ、苦境を訴えた。

「テルアビブや他の地域の満床ではない病院に患者を移すことを考えています。この病院の病床使用率は95~100%に達し、患者をこれ以上受け入れるのは困難です」

 現地メディアによると、アラブ首長国連邦のドバイからの帰国者が英国型に感染していることが判明。国防軍傘下の民間防衛軍が機内の乗客やドバイ滞在中の接触者全員に連絡を取ったところ、先週末に大感染が発覚したという。

 ハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)はこう言う。

「1人が何人を感染させるかを示す基本再生産数について、新型コロナは当初、季節性インフルエンザと同水準の2~3人とされましたが、最近では3~4人とみられています。10人以上に感染を拡大させた患者をスーパースプレッダーと呼んでいますが、184人は耳を疑う数字。3密空間で長時間過ごしたとか、感染が広がりやすい条件が重なった結果なのではないか。ウイルスの感染力の強さよりも、患者の行動様式が感染拡大につながった可能性があります」

 スーパースプレッダー周辺で一体何が起きていたのか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ