FC2ブログ

記事一覧

大阪府 緊急事態宣言 国に解除要請する独自判断基準決める(2021年2月1日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

 大阪府は1日夜、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、今月7日が期限の緊急事態宣言が延長された場合、解除を国に要請するための独自の判断基準を決めました。新規陽性者数や病床使用率の傾向を参考にするとしています。

 この中で吉村知事は「緊急事態宣言の延長が検討されている。病床のひっ迫が続いており、延長はやむをえないと考えるが、解除を求める場合の判断基準『出口基準』を大阪府として示すべきだ」と述べました。

 大阪府の担当者は、解除の条件について、専門家から検査で陽性だった人数や重症患者用の病床使用率を参考にするのが合理的だという見解が示されたと報告しました。

 これを受けて会議では、
▽直近1週間の新規陽性者数が1日平均で300人以下の日が7日間続いた場合か、
▽重症患者用の病床の使用率が60%未満の日が7日間続いた場合を、

基準とすることを決めました。

 また、基準に達した場合でも、宣言の解除を要請する前に専門家の意見を聞くとしています。

 このほか会議では、延長が決まった場合、飲食店への営業時間の短縮や府民への不要不急の外出自粛の要請などを継続することを決めました。

 会議のあと吉村知事は記者団に対し「宣言は最後の手段であり、本当に厳しいお願いをするので、感染拡大を防ぐ一定の効果が見られたら解除するのがあるべき姿だ。延長がいつ終わるのか、なかなか見えない不安は相当なものなので『こうなったら解除を要請します』ということを、府民や事業者に明確にお伝えすべきというのが僕の考え方だ」と述べました。



独自の「解除要請基準」決定 緊急宣言延長見据え―大阪府(2021年2月1日配信『時事通信』)

 大阪府は1日夜、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、緊急事態宣言の解除を国に要請するための独自基準を決めた。1日当たりの新規陽性者数(7日間平均)が7日連続で300人以下か、重症病床使用率が7日連続で60%未満のいずれかを満たした場合を基準とする。

 基準を満たした場合でも、解除要請するかどうかは専門家の意見を聞いた上で最終的に判断する。会議終了後、吉村洋文知事は「終わりが見えないのは相当な不安。(宣言の期間を)延長せざるを得ないのであれば、どうなったら終了するのか明確な基準がより一層必要だ」と記者団に語った。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ