FC2ブログ

記事一覧

息子3人発達障害 「姫路の母ちゃん」インスタに共感の輪(2019年7月30日配信『神戸新聞』)

b_12562538.jpg
小学生時代の3兄弟。左から次男竜也さん、長男真也さん、三男朋也さん=姫路市内

b_12562539.jpg
インスタグラムの画面を示す清瀬幸枝さん。おいしそうな料理や明るい表情の家族の写真があふれる=姫路市内

 人呼んで「姫路の母ちゃん」-。発達障害のある3人の息子を育てる清瀬幸枝さん(46)=兵庫県姫路市=が発信するインスタグラム(写真共有アプリ)が、多くの母親の支持を集めている。パワフルかつ人情味あふれる子育てぶりが人気で、同じ悩みを抱える人たちから相談が舞い込むことも。長男はこの春、念願の就職を果たし、母ちゃんはますますパワーアップしている。

 3人の息子は社会人の真也さん、県立姫路しらさぎ特別支援学校2年の竜也さん、姫路市立高丘中学3年の朋也さん。いずれも発達障害がある。

 障害が分かったのは次男が最初。言葉が出ないと気をもんでいた3歳のころだった。「自閉症」と診断され「薬では治りません」と言われた時は泣き続けた。ほどなく長男と三男も障害が分かった。ショックだったが周囲の励ましを受けながら「自分の産んだ子や」と前を向いた。

 幸枝さんは積極的に学校や友達に息子の障害を説明した。息子たちをどこへでも連れていき、大勢の人と関わらせてきた。

 この春、長男真也さんは、県立播磨特別支援学校を卒業し、「餃子の王将」チェーン店を運営する「ペルゴ」(姫路市)に就職。「飲食関係に勤めたい」という夢をかなえた。

 厨房(ちゅうぼう)で働く真也さんが、廃油を扱う最中、手にやけどを負ったことがあった。駆けつけた幸枝さんに、真也さんは状況を説明し、「店に油をこぼしたら、他の人や会社に迷惑がかかる」と話した。

 自分のことより、周囲を気遣えるようになったんか-。幸枝さんは手を真っ赤に腫らした息子を気遣いつつ、手応えを感じた。「人の気持ちも分かるし、想像力もある。日々成長している」

 そんな日常を1年前からインスタグラム(@yukiekiyose)で発信する。「子育ての話はさりげなく。上から押しつけるようになるので。大半が大好きな手料理の写真」と笑う。

 時折、思いもよらない相談が舞い込む。

 「自分も発達障害だと思う。仕事も続かないし、周りとうまくいかない」「周囲に子どもの障害を隠している。話を聞いてほしい」…。切実な声には自分の経験も交え、心を込めて精いっぱい返信している。そんな姿から“姫路の母ちゃん”と呼ばれるようになり、更新を楽しみにするフォロワーは日ごとに増えている。

 「これからもどんどん発信していきたい。求めがあれば、どこでも行ってお話しします」。ますます輝いている。

キャプチャ

インスタグラム➡ここをクリック(タップ)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ