FC2ブログ

記事一覧

河井案里議員 辞職願提出「控訴申し立てはしない」とコメント(2021年2月3日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

おととしの参議院選挙をめぐり、公職選挙法違反の罪で東京地方裁判所から有罪判決を言い渡された河井案里参議院議員は、3日午後、山東参議院議長あてに議員辞職願を提出しました。

参議院議員の河井案里被告は、おととしの参議院選挙で、夫で元法務大臣の克行被告とともに、公職選挙法違反の買収の罪に問われ、東京地方裁判所は1月21日、地元議員らに現金を渡したのは買収が目的だったと認め、懲役1年4か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

これを受けて案里議員は、判決に対する控訴の期限が4日に迫る中、3日午後、秘書を通じて山東参議院議長あてに議員辞職願を提出しました。

案里議員は、参議院広島選挙区選出の47歳。

県議会議員を経て、おととしの参議院選挙で、定員2人の広島選挙区に、自民党の2人目の候補として当時の現職とともに擁立され、保守分裂の激しい選挙戦の末に初当選しました。

去年6月、今回の事件をめぐる検察当局の捜査が進む中、党に迷惑をかけたくないとして自民党を離党し、直後に逮捕・起訴されましたが、裁判では無罪を主張してきました。

案里議員の辞職は、近く参議院本会議で認められる見通しで、辞職が認められれば、公職選挙法の規定に基づき、参議院広島選挙区では、吉川元農林水産大臣の辞職に伴う衆議院北海道2区や、立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去に伴う参議院長野選挙区と同じく、4月25日に補欠選挙が行われることになります。

「控訴申し立てはしない」

議員辞職願を提出した河井案里参議院議員は、コメントを発表し、東京地方裁判所が言い渡した有罪判決に対しては、控訴しない考えを明らかにしました。

この中で、案里議員は、東京地方裁判所の判決について「有権者や国民、関係者に多大な迷惑と心配をおかけしたことを心からおわび申し上げる」と陳謝しています。

そのうえで「判決の内容には納得しかねる。金員で人の心を買うことはできないというのは私の信念であり、これまでの政治生活で有権者を裏切るようなことは決してしていない。しかし、たとえ1審でも信頼を回復できなかったことは政治家として情けなく、政治的責任を引き受けるべきと考えている」としています。

そして「これ以上、争いを長引かせ混乱を生じさせることも私の本意ではなく、控訴申し立てはしない」として、判決に対して控訴しない考えを明らかにしました。

また、広島高等検察庁が、案里議員の当選を無効にするよう求めている行政訴訟については「私自身の議員の身分に関わることで、私の陣営で生じたことであり、政治責任をとるべきだと判断し、争うことはしない」としています。

一方で、みずからの説明責任については「本来であれば説明の義務を負うところだが、河井克行・元法務大臣に対する公職選挙法違反の事件が審理中であるため、詳しい説明はかなわない」としています。

有罪確定で5年間 公民権停止に

河井案里議員が控訴しないことを明らかにしたことによって、控訴期限の4日までに検察も控訴しなければ、有罪判決が確定することになりました。

有罪判決が確定すれば、案里議員は5年間、公民権が停止され、立候補が禁止されることになります。

 河井案里被告の事務所が3日、議員辞職願の提出後に発表したコメントの全文は以下の通り。※表記は原文のまま。

 各位

 過日、東京地裁において、私に対する公職選挙法違反被告事件につき判決の言渡しがなされたことに対し、広島の有権者の皆様、多くの国民の皆様、その他関係者の皆様に多大な御迷惑と御心配をおかけいたしました。心からお詫び申し上げます。

 このたび参議院議員の職を辞することとし、本日、参議院に議員辞職願を提出いたしました。また、私が被告として広島高等裁判所に提起されております当選無効及び立候補禁止の訴については、私自身の議員の身分に関わることであって、かつ、私の陣営で生じたことでございます。候補者として政治責任を取るべきと判断し、争うことはいたしません。

 他方、私に対する公職選挙法違反被告事件の判決については、その内容には納得しかねます。金員で人の心を買うことはできない、というのは私の信念であり、これまでの政治生活のいずれの場合においても、有権者の皆さまを裏切るようなことは決していたしておりません。しかし、民信なくんば立たずという精神には、一点の曇りもない政治的信用性が求められるべきと承知しております。たとえ一審でもその信頼を回復できなかったことは政治家として情けなく、政治的責任を引き受けるべきと考えております。これ以上争いを長引かせ混乱を生じせしめることも私の本意ではなく、控訴申立てはいたしません。

 当選無効の訴が出されているウグイス報酬の過払いにつきましては、国民の皆様に深くお詫びいたしますとともに、関係する運動員の皆様に大変なご迷惑をおかけいたしました。一方、私自身が幾多の選挙を経験してきたにも関わらず、運動員の皆様の報酬のあり方についてこれまで全く思い至ることが出来なかったことは、政治家として大変恥ずかしいことであり、深く反省するところでございます。皆様の処遇の改善については、長年務めた地方議員の立場からであっても、法律改正のための国に対する意見書を県議会においてまとめるなど、努力はできたはずでした。そうした努力を怠って参りましたことにつきましても、全国の各運動員や各選対スタッフの皆様方に、心からお詫び申し上げます。

 私は先の参院選において私を応援してくださった方々や、ご投票頂いた皆様方のご期待にお応えすることができませんでした。皆様方には、せっかくかけて頂いたご期待と信頼を損なうこととなり、失望させてしまったことにお顔向けできません。本来であれば皆様方に私の口から直接にご説明を申し上げたく、またその義務を負うところでございます。しかしながら河井克行に対する公職選挙法違反被告事件が現在審理中であるため、現段階における詳しい御説明が叶いません。説明責任が求められていることは重々承知してございますし、大変心苦しく存じますが、現段階においてご説明出来ないことをご理解頂ますよう、誠に勝手ながらお願い申し上げます。

 令和3年2月3日

 河井あんり




河井案里氏、参院議員辞職へ 党幹部に伝達 3日本会議で許可見通し(2021年2月3日配信『毎日新聞』)

キャプチャ

 2019年の参院選広島選挙区の公職選挙法違反事件を巡り、東京地裁で有罪判決を受けた参院議員の河井案里被告(47)=自民党を離党=は3日午前、議員辞職する意向を党幹部に伝えた。同日午後に辞職願を山東昭子参院議長に提出し、参院本会議で許可される見通しだ。公選法の規定に基づき、4月25日に参院広島選挙区補選が、衆院北海道2区補選、参院長野選挙区補選と合わせて実施される。

 案里被告は党幹部に電話で、3日午後に辞職願を提出すると伝え、「お世話になりながら、何もできずに申し訳ありません」と謝罪したという。

 同被告は、東京地検特捜部に逮捕される前日の20年6月17日に離党。地裁は1月21日、案里被告に対し、懲役1年4月、執行猶予5年の有罪判決を下した。判決が確定すれば当選無効となり失職する見込みだった。控訴期限は2月4日で、案里被告が判決を受け入れるかは明らかになっていないが、期限を前に議員辞職を判断した。

 案里被告は20年10月に保釈されたが国会に出席しておらず、給与に当たる歳費や文書通信交通滞在費の計200万円余りを毎月受け取っていることに批判が出ていた。

 判決によると、案里被告は19年3~5月、夫で衆院議員の克行被告(57)=公選法違反で公判中=と共謀し、広島県議4人に現金計160万円を配った。判決は、いずれの県議も案里被告を応援しており、政治資金の処理に必要となる領収書もないことから、現金の趣旨は買収だったとした。

 4月25日の補選は、収賄罪で在宅起訴された元農相の吉川貴盛被告(70)=自民党を離党=の議員辞職に伴う衆院北海道2区補選と、立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う参院長野選挙区補選と同日に行われる。3補選は菅義偉首相にとって初の国政選挙となる。



河井案里議員 辞意固める おととしの参院選買収事件で有罪判決(2021年2月3日配信『NHKニュース』)

キャプチャ2JPG

キャプチャ3

おととしの参議院選挙をめぐり、公職選挙法違反の罪で東京地方裁判所から有罪判決を言い渡された、河井案里参議院議員は、議員を辞職する意向を固めました。3日午後、山東参議院議長あてに議員辞職願を提出する見通しです。

キャプチャ

参議院議員の河井案里被告は、おととしの参議院選挙で、夫で元法務大臣の克行被告とともに、公職選挙法違反の買収の罪に問われ、東京地方裁判所は先月21日、地元議員らに現金を渡したのは買収が目的だったと認め、懲役1年4か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

これを受けて案里議員は、判決に対する控訴の期限が4日に迫る中、議員を辞職する意向を固め、以前、所属していた自民党の幹部らに伝えました。

案里議員は3日午後、山東参議院議長あてに議員辞職願を提出する見通しです。

案里議員は、参議院広島選挙区選出の47歳。

県議会議員を経て、おととしの参議院選挙で、定員2人の広島選挙区に、自民党の2人目の候補として当時の現職とともに擁立され、保守分裂の激しい選挙戦の末に初当選しました。

去年6月、今回の事件をめぐる検察当局の捜査が進む中、党に迷惑をかけたくないとして自民党を離党し、直後に逮捕・起訴されましたが、裁判では無罪を主張してきました。

案里議員の辞職は、近く参議院本会議で認められる見通しで、辞職が認められれば、公職選挙法の規定に基づき、参議院広島選挙区では、吉川元農林水産大臣の辞職に伴う衆議院北海道2区や、立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去に伴う参議院長野選挙区と同じく、4月25日に補欠選挙が行われることになります。

事件の経緯

キャプチャ0

案里議員の陣営の選挙違反疑惑は、いわゆるウグイス嬢に法律の規定を上回る報酬を支払っていたとするおととし10月の週刊誌報道がきっかけでした。

夫の河井克行法務大臣は、大臣就任からわずか50日後に辞任しました。

ウグイス嬢に違法な報酬を支払ったとして、夫妻の公設秘書らが公職選挙法違反の運動員買収の疑いで起訴されました。

また、河井克行元法務大臣は、地元議員ら100人に2900万円余り、案里議員は地元議員5人に170万円を配ったとして、公職選挙法違反の買収の罪で起訴されました。

案里議員の裁判は去年8月から審理を迅速に進める「百日裁判」で行われ、地元議員や陣営スタッフなど20人の証人尋問が行われました。

判決は?

案里議員は裁判で無罪を主張しましたが、1月21日、公職選挙法違反の買収の罪で有罪判決を言い渡されました。

判決では広島県議会議員4人に現金合わせて160万円を渡したことが買収にあたると判断されました。

その理由として、「渡した金額は、議員らの立場や選挙で期待された役割に照らすと、票の取りまとめなどの選挙運動をすることの報酬と見合う」と指摘されました。

また、夫の克行元法務大臣と共謀関係にあったかどうかについては、克行元大臣が作成・管理していた現金提供先を記載したリストなどを根拠に、「案里議員が県議会議員に現金を渡したことも、当時の選挙情勢のもとで、克行元大臣が差配したと認められる」として、案里議員による単独の行為ではなく、共謀関係にあったと判断されました。

そのうえで「民主主義の根幹である選挙の公正を害する犯行であり、渡した現金の額は合計160万円と多額に及び、刑事責任は重い」として、懲役1年4か月、執行猶予5年が言い渡されました。

案里議員側と検察の双方が控訴期限の4日までに控訴しなければ、有罪判決が確定します。

夫・克行元大臣の裁判は?

キャプチャ01

夫の克行元法務大臣の裁判は、案里議員の裁判と途中で分離されましたが、同じ裁判長が担当し、東京地方裁判所で週に3、4回、証人尋問などの審理が続いています。

克行元大臣は3日も紺色のスーツ姿で出廷し、とくに変わった様子はなく、検察官の供述調書の読み上げを聞いていました。

裁判で克行元大臣は、現金の提供に買収の目的はなく、案里議員とも共謀していないなどとして、無罪を主張しています。

起訴内容では現金を渡したとされる相手が100人に上り、裁判ではこれまでに地元議員や後援会関係者など、およそ50人の証人尋問が行われました。

新型コロナウイルスの感染防止対策もあって、証人を広島地裁に呼んで映像と音声でつなぐ、構外ビデオリンク方式での証人尋問も異例の回数に上っています。

元大臣側が供述調書の証拠採用に同意して尋問が行われなくなった証人も増え、証人尋問は残り7人と、終盤に近づいています。

証人尋問が終われば、準備期間を設けたうえで、克行元大臣の被告人質問が行われる見通しで、裁判は最大のヤマ場を迎えます。

逮捕後2000万円余支払われる

参議院事務局によりますと、参議院議員には毎月、給与にあたる「歳費」として103万5200円が支給されるほか、「文書通信交通滞在費」として100万円のあわせて203万5200円が支払われます。

河井案里議員が逮捕された去年6月から先月末までの8か月間では、「歳費」などに加え、ボーナスにあたる2回の期末手当として支給された628万円余りを含め、合わせて2198万円余りが案里議員に支払われています。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ