FC2ブログ

記事一覧

「加計学園」誘致の愛媛・今治市長選で現職落選 保守分裂で(2021年2月8日配信『毎日新聞』)

キャプチャ2JPG
愛媛県今治市長選で初当選した徳永繁樹氏

 任期満了に伴う愛媛県今治市長選の投開票が7日行われ、前県議会副議長の新人、徳永繁樹氏(51)=無所属=が、現職で4選を目指した菅(かん)良二氏(77)=同=を破って初当選した。8年ぶりの市長選で、ともに自民党県議の経験がある2人の一騎打ちとなったが、徳永氏が保守分裂選挙を制した。投票率は61・15%だった。

 市長選は市政の継続か、変革かが主な争点になった。

 今治市には学校法人「加計学園」(岡山市)が2018年に岡山理科大獣医学部を開学した。前年の17年には獣医学部新設が国家戦略特区で認定された。学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相(当時)の親友だったため、事業者選定に首相の意向が反映されたのではないかと野党が追及。文部科学省の文書に、早期開学を巡り内閣府が「官邸の最高レベルが言っていること」「総理の意向」などと文科省に伝えたとされる記述があり、大きな政治・社会問題になった。


キャプチャ
愛媛県今治市長選で4選を果たせなかった菅良二氏

 09年に市長に初当選した菅氏は獣医学部の誘致に携わり、学園を支援する姿勢を明確にしていた。徳永氏は誘致について選挙戦で「市として財政負担をしており、経緯を含めて光の部分も影の部分もある」としつつも、地域発展に向け学園側との関係づくりを訴えた。【松倉展人】

    ◇

当 42318 徳永 繁樹❶無新

  36240 菅  良二③無現

(票数は確定得票)



今治市選で現職落選…「加計学園」運営の獣医学部を誘致(2021年2月8日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
落選した現職の菅良二氏

 任期満了に伴う愛媛県今治市長選の投開票が7日行われ、前県議会副議長の新人、徳永繁樹氏(51=無所属)が、現職で4選を目指した菅良二氏(77=同)を破って初当選した。投票率は61.15%。8年ぶりの市長選で、ともに自民党県議の経験がある保守分裂選挙となった。

 今治市では、2018年に新設された学校法人「加計学園」(岡山市)が運営する岡山理科大獣医学部をめぐり、学園の加計孝太郎理事長が安倍首相(当時)の知人だったことや、事業者選定に際して「総理の意向」などとされた文科省の内部文書が見つかり、政治・社会問題となった。

 09年に市長に初当選した菅氏は獣医学部の誘致に携わり、学園を支援する姿勢を明確にしていた。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ