FC2ブログ

記事一覧

国は「赤木ファイル」の存在を認めるか… 自殺した財務省職員の妻、国に対し”次の一手”(2021年2月8日配信『 関西テレビ』)

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6-1

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10

キャプチャ11

キャプチャ12

キャプチャ13

キャプチャ14

キャプチャ15

キャプチャ16

キャプチャ17

キャプチャ18

キャプチャ19

キャプチャ20

キャプチャ21

キャプチャ22

キャプチャ24

キャプチャ26

キャプチャ25

キャプチャ27

キャプチャ23

森友学園をめぐる公文書の改ざんを苦に財務省の職員赤木俊夫さんが自殺し、妻が国などを訴えている裁判で「新たな一手」です。

赤木さんが改ざんの詳細を記したとされる「ファイル」について、妻側が裁判所に対し国に提出を命じるよう申し立てました。

【自殺した赤木俊夫さんの妻・雅子さん(8日午後)】
「夫の残した赤木ファイルは、夫が職務中に作ったものなので、財務省や財務局や一部の人のものではないと思う。日本国民の財産でもあると思うので、ぜひこれを出していただいて、公にしてほしい」

財務省近畿財務局の職員だった赤木俊夫さんは、(当時54歳)学校法人森友学園との土地取引に関する公文書を改ざんするよう強いられたことを苦に、3年前、自殺しました。

妻の雅子さん(49)は、改ざんを指示したとされる佐川宣寿元理財局長と国に対し、損害賠償を求める裁判を起こしています。

【赤木雅子さん(20年7月)】
「何が原因で(夫が)改ざんしないといけなくなったのかを、ちゃんと公にしてほしい」

誰から、どのように改ざんを指示され、夫は命を絶ったのか…。
真実を知るために起こした裁判で、雅子さんが最も重要だと考える資料。

それが…「改ざんの詳細を記した“赤木ファイル”」

赤木さんが生前、公文書の改ざん内容や経緯を事細かにまとめたとされる通称「赤木ファイル」です。
こうしたファイルが存在することは、赤木さんの直属の上司が直接、雅子さんに証言していました。

【赤木さんの元上司(音声データ19年3月)】
「修正前の文書であるとか、修正後の文書であるとか、何回かやり取りしたようなやつがファイリングされていて、それがきちっと、パッと見ただけで分かるように整理されてある。これ見たら、我々がどういう過程で(改ざんした)のかということが全部分かるので」

しかし、裁判で、雅子さんの弁護団が「赤木ファイル」を速やかに提出するよう要求しても、国側は、「『ファイルの有無』も含め、回答する必要はない」と反論。
この状況を打ち破るため、雅子さん側は8日、“新たな一手”を打ちました。

【雅子さんの代理人・生越照幸弁護士】
「本日、『文書提出命令』の申し立てを行いました」

文書提出命令は、裁判所が当事者に対し、証拠となる資料を強制的に提出させる手続きです。今回のケースであれば、国が「赤木ファイル」の存在を認めた場合、まずは裁判官だけで内容を確認し、裁判を進める上で必要な資料だと判断すれば、提出を命じることになります。

雅子さん側は、「精神的苦痛の程度を立証するためには、改ざんについての具体的な経緯を明らかにする必要がある」として、「文書提出命令」を申し立てたのです。

【赤木雅子さん(8日午後)】
「(夫が生前)あまりにも辛そうだったので、『(赤木ファイルを)残してよかったのか悪かったのか』を聞きました。そしたら、ボソッと小さい声で『よかったと思う』と答えてくれました。今でも苦しんでいる方が財務局の中にいると思う。夫と同じ仕事をしてきた人たち。その人達のためにも夫が残したものを出すことによって、話せる環境になると思う。赤木ファイルが出ることで今苦しんでいる人達も助けられるし、もう二度と同じようなことがおきないようにしてほしい」




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ