FC2ブログ

記事一覧

三重県、性的指向暴露禁止で条例案 都道府県では初 4月施行目指す(2021年2月13日配信『共同通信』)

 三重県は12日、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」と、カミングアウトの強制を禁止する条例案を発表した。アウティング禁止の条例は都道府県では全国初で、県は17日の県議会本会議に提出し、3月の制定、4月施行を目指す。

 アウティングは2015年、東京都国立市の一橋大法科大学院の男子学生が同級生に同性愛を暴露された後、校舎から転落死したことをきっかけに社会問題化。同市で18年4月、アウティング禁止の条例が全国で初めて施行されたが、都道府県では禁止を明記した条例制定の動きは進んでいない。

 条例案では「性の多様性が理解され、多様な生き方を認め合う社会の実現に寄与すること」を目的とした。性的指向や性自認の表明に関し「本人の意に反して正当な理由なく暴露してはならない」と規定。「性的指向または性自認を理由とする不当な差別的取り扱いをしてはならない」とした。罰則の導入は見送った。

前文
 三重県は、豊かな自然に包まれた南北にわたる多彩な県土を有し、東西の交通の結節点としてさまざまな交流を通じ、多様な価値観を受け入れ、多様性に満ちた文化を育み、先人からの英知を受け継ぎつつ新たな価値を創造し、発展してきた歴史ある地である。

 このような歴史を踏まえ、三重県では先駆的に、性別、年齢、障がいの有無、国籍・文化的背景、性的指向及び性自認などにかかわらず、誰もが個人として尊重され、個性や能力を十分に発揮し、参画・活躍できる多様性を認め合う地域社会の実現を目指して取り組んでいる。

 誰一人取り残されることのない社会の構築は、人類共通の課題であり、性的指向及び性自認を理由とした差別や偏見は決して許されず、学習、就労、地域活動等の社会生活上の制限なく、将来の子どもたちにとっても、多様な個性が育まれ、能力発揮の機会が平等に保障されなければならない。

 また、私たちは一人ひとり尊い存在であり、性別、性的指向及び性自認をはじめ価値観、生き方などもさまざまである。誰もが自らの生き方を選択し、自分らしく生きられるよう、お互いを理解して交流し、一人ひとりが社会の一員として分断ではなく支え合う
温かい三重県を未来にわたり築くことは、私たちの願いである。

 ここに、性の多様性をはじめ多様な生き方を認め合い、性のあり方にかかわらず、誰もが自分らしく安心して学び、働き、暮らすことができる社会づくりを、地域社会全体で進めることを決意し、この条例を制定する。

(目的)
第1条
この条例は、性的指向及び性自認の多様性(以下これらを「性の多様性」という。)を認め合う社会の推進に関する基本理念を定め、並びに県の責務並びに市町、教育に携わる者、県民及び事業者の役割を明らかにするとともに、県の施策の基本となる事項を定めることにより、性の多様性が理解され、もって、性的指向及び性自認にかかわらず、全ての人の人権が尊重され、多様な生き方を認め合う社会の実現に寄与することを目的とする。




性指向暴露禁止条例制定へ議論 三重県(2020年8月5日配信『共同通信』)

三重県は5日、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」とカミングアウトの強制を禁止する条例制定に向け、有識者検討会議の初会合を津市内で開いた。2021年2月に条例案を県議会に提出し、20年度内の制定を目指す。

県によると、アウティングを禁止する条例が制定されれば都道府県で初。多様性を認め合う社会実現に向け、理解を広げる狙いがある。どのように条例に実効性を持たせるかが課題となる。

鈴木英敬知事は5日の記者会見で「アウティングは差別や偏見を生み、当事者の人間関係など生活の根本に支障を来す恐れがある」と条例制定の意義を強調した。

会合では、県が条例制定の趣旨を説明。アウティングの禁止について、NPO法人「グッド・エイジング・エールズ」の柳沢正和理事は「(アウティングがあった場合に)企業などの団体に対して制裁的手法を検討することは議論する価値があると思うが、個人に対しては時期尚早ではないか」と述べた。

性的少数者らの当事者でつくる団体「ELLY」の山口颯一代表理事は「禁止条例には賛成。一方、性的少数者からカミングアウトされた側がどうすればいいのか悩むケースがある。その際にどこに相談するのか考えないといけない」と指摘した。

四日市大の小林慶太郎教授が検討会議の座長に就任。他に大阪府立大の東優子教授(ジェンダー研究)や、当事者らでつくる団体「NFT」の江崎夢代表らが委員を務める。新型コロナウイルス感染防止のため、一部の委員はオンラインで参加した。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ