FC2ブログ

記事一覧

河井元法相の元秘書に有罪判決 公選法違反事件 報酬額「克行被告に確認し金額伝達」と認定(2021年2月16日配信『中国新聞』)

キャプチャ
高谷真介被告

 衆院議員の河井克行被告(57)=公選法違反罪で公判中=の妻案里元参院議員(47)=有罪確定=が初当選した2019年7月の参院選広島選挙区で、法定上限の2倍の報酬を車上運動員に支払ったとして同法違反(買収)の罪に問われた克行被告の元政策秘書高谷真介被告(44)=東京都葛飾区=の判決公判で広島地裁は16日、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 杉本正則裁判長は、違法な報酬額の最終的な決定権限は克行被告にあったと推認できるとした上で「事務所内の立場や克行被告との関係性を踏まえると、高谷被告が克行被告に確認し、金額を伝達していた」と認定。「本件犯行の実現に不可欠な要素」と指摘した。

 判決によると、高谷被告は政策秘書だった19年7月19~23日、案里氏の元公設第2秘書立道浩氏(55)=有罪確定=らと共謀し、車上運動員14人に公選法の上限を超える報酬計204万円を渡した。

 公判では、検察側は高谷被告について「陣営を仕切る克行被告を支え、実質的なナンバー2の立場にあった」と指摘。立道氏らに対し、選対本部の方針として法定上限の2倍に当たる1日3万円の報酬額を伝えるなど「違法報酬の支払いと密接に関連する重要な行為を自ら行っていた」として懲役1年6月を求刑していた。

 一方、弁護側は「選対本部の方針として1日3万円を支払うことが確定した時期も経緯も何ら立証されていない。報酬額の決定や支払いへの実質的関与は全くない」と反論。無罪を主張していた。

 案里氏は同選挙区を巡る大規模買収事件で公選法違反罪に問われ、今月3日に議員辞職。懲役1年4月、執行猶予5年、公民権停止5年を言い渡した東京地裁判決が5日に確定した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ