FC2ブログ

記事一覧

家族全員でコロナ感染、生活一変 持病の父の介助、入院で離れ離れ、周囲からの偏見(2021年2月17日配信『茨城新聞』)

キャプチャ2JPG
新型コロナウイルス感染者への差別防止を呼び掛ける2月の県

広報紙「ひばり」2月号➡ここをクリック

家族4人全員が新型コロナウイルスに感染した茨城県内在住の70代男性が取材に応じ、家庭での感染対策の難しさや、入院で家族の状況が分からない不安、退院後に受けた偏見などを語った。男性は「生活環境が一変する。心の負担も一気に膨らみ、追い詰められる」と話し、感染者や回復者に対する正しい理解を訴える。

■家庭の難しさ


「多少の倦怠(けんたい)感と微熱があった。普通の風邪にかかった感覚だった」

男性が体調の異変を感じたのは1月初旬。念のため外出を控え、自室で一人過ごした。食事は家族に部屋まで持ってきてもらう徹底ぶりだった。

しかし数日後、妻にも同じ症状が出た。保健所に相談し、地元病院でPCR検査をした。同月中旬、夫婦ともに陽性と判明した。同居する長女と90代の実父も濃厚接触者として検査し、それぞれ陽性となった。

県外に遠出することもなく、人混みを避け、近隣に買い物に行く程度の生活だった。普段からマスクを着用し、うがいや手洗いも励行した。感染経路は、今も分からない。

発症前は家族と居間で過ごし、家の中にはトイレや風呂などの共用スペースもある。男性は「外で3密を避け、手洗いや消毒をするのは誰もがやっている。家庭内ではそれ以上に気を使わないと(予防が)難しい」。

■状況分からず

男性は年齢と肺機能低下が考慮され、優先的に入院が決まった。自宅から比較的近い病院で、4人部屋の病室は同じコロナ感染者が出入りした。

入院後、体温は一時38・2度まで上がった。倦怠感が続き、時々せきやたんが出て、大きく呼吸すると胸が少し痛んだ。軽症と診断され、治療薬は使われなかった。自然治癒を図るしかなく、大半はベッドで寝て過ごした。

妻も男性と同じタイミングで入院する予定だった。だが、父の入院先が決まらない。父を介助するため妻は自宅待機を求められた。「父は誰かの手が必要だった」

軽症の長女は自宅療養、妻と父の2人は自宅から50キロ以上離れた病院に入院した。

父は持病があり、「重症化への心配が一番あった」と振り返る。しかも遠く離れた病院のため、状況や症状が分からなかった。妻が看護師を通して間接的に父の状況を聞き、男性に無料通信アプリLINE(ライン)で伝えた。

家族は2月初旬までに全員が退院した。

■自粛すべき?

厚生労働省は、原則として発症から10日たち、症状回復後3日間が経過した場合に「退院可能」としている。

男性は1月下旬に退院し、偏見による社会復帰の難しさに直面することになる。

他人との接触を極力避けるよう注意を払い、1週間は自主的な隔離を決めた。外出は、事前に連絡を入れたかかりつけ医への通院のみ。食料などの購入は親戚に頼み、軒先に置いてもらうことにした。

退院翌日、自宅敷地内にしかいない状況で、近隣住民から「あなたの行動は間違っている。家の中で自粛すべきだ」と強い口調で言われた。監視されているように感じた。「ばい菌のような扱いが悔しかった」

少しずつ普段の生活が戻る中、ハードルが残る。父が通う高齢者施設は、PCR検査の陰性証明と、一定期間の自宅待機を求めてきた。男性は「県内の高齢者施設でクラスター(感染者集団)も発生している。仕方ないこと」と理解を示す。

職場復帰が可能になった長女も、職場の求めで実施したPCR検査の結果を待つ。

新型コロナは誰もが感染する可能性がある。「もし自分が感染したら、と想像してほしい。偏見をなくし、思いやりの気持ちを持つことが必要ではないか」



hibari202012_1209_ページ_1


hibari202012_1209_ページ_2

hibari202012_1209_ページ_3

ひばり2020年12月号➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ