FC2ブログ

記事一覧

署名期限後も日付偽り、バイトに名前書き写し指示…愛知リコール不正疑惑(2021年2月19日配信『読売新聞』)

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動で不正が疑われる署名が大量に見つかった問題で、名古屋市の会社が署名収集の期限後も多数のアルバイトを集め、日付を偽って署名簿への名前の書き写し作業をさせていたことが関係者の話でわかった。署名を可能な限り増やそうとしていたとみられる。

人材派遣会社の求人メール。作業日が期限後の10月27、28日になっている(画像の一部を加工しています)
 この会社は、署名活動団体がリコール運動のはがき配布を依頼した広告関連会社の下請け。読売新聞の取材に応じた福岡県内の男性によると、佐賀市で昨年10月24、25、27、28日、愛知県民の住所や氏名などが書かれたリストから、署名簿に書き写す作業に参加した。

キャプチャ

 100人前後が連日参加し、この会社のスタッフを名乗る複数の男女が「とにかく急いで」とし、署名した日付も期限内に偽って書くよう指示していた。「人数が足りない。明日は友達を連れてきても構わない」と話していたという。

 地方自治法では、都道府県知事のリコール運動の署名収集期間を2か月と定めている。今回の運動は、首長選のため一時中断された5市町を除く64市区町村の収集期限が昨年10月25日で、市区町村の選挙管理委員会への提出期限は11月4日だった。

 また、福岡県内の女性会社員によると、登録していた人材派遣会社から、署名収集期限を過ぎた10月26日付で同様のアルバイト募集のメールが届き、作業日が同27、28日になっていたという。

 この問題を巡っては、署名偽造が疑われる名前書き写し作業の求人情報が複数のサイトで確認されている。このうち、求人広告会社「タイミー」(東京都)は17日、署名偽造の求人とみられる情報をバイト募集アプリに掲載していたと発表した。掲載を依頼してきた企業に質問状を送り、調査を進めているという。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ