FC2ブログ

記事一覧

児童虐待相談、過去最多を更新 最多は心理的虐待 厚労省

キャプチャ

 厚生労働省は1日、2018年度に全国の児童相談所(児相)が対応した児童虐待の相談件数(速報値)が前年度比19.5%増の15万9850件で過去最多を更新したと公表した。心理的虐待で警察からの通告数が増えたことが要因とみられる。同省は「過去最多になったことは重く受け止め、6月の児童福祉法改正に伴う対策強化を着実に進めたい」としている。17年度に虐待死が判明した子どもの数は、前年度比12人減の65人(無理心中の13人含む)だった。

 虐待の内容別では、子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」を含む心理的虐待が8万8389件(55.3%)と最も多く、17年度より1万6192件増えた。身体的虐待は4万256件(25.2%)、ネグレクト(育児放棄)は2万9474件(18.4%)、性的虐待は1731件(1.1%)だった。

 児相への通告元は警察などが7万9150件(前年度比19.8%増)で半数を占めた。警察からの通告が増えた背景には、面前DVを把握しやすい警察と児相との連携強化が進んだことがあると考えられる。

キャプチャ2

 都道府県別では、大阪が2万694件(前年度比12.4%増)で最多。神奈川1万7272件(同24%増)、東京1万6967件(同23.8%増)が続いた。

 無理心中を除いた虐待死は52人で、過半数の28人が0歳児。身体的虐待で22人、ネグレクトで20人が亡くなっていた。

 東京都目黒区で昨年3月に船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件を受け、厚労省が昨年7月に徹底を打ち出した「虐待通告から48時間以内に安全を確認する」とのルールの点検結果も公表した。運用が始まった昨年7月からの11カ月で、全国の児相への虐待通告があったのは15万3571人で、確認まで48時間を超えたのは7.8%の1万1984人だった。このうち緊急性が高いと判断したケースが415人あったが、その後立ち入り調査などで安全を確認した。



虐待の安否確認1.2万件守れず 児相「48時間ルール」 (2019年8月1日配信『日本経済新聞』)

 厚生労働省は1日、児童虐待を疑う通告から48時間以内に児童相談所などが子どもの安否を確認するルールが守られていない事例が、2018年7月~19年6月に1万1984件あったと明らかにした。同期間の通告全体の7.8%に当たる。

キャプチャ

 うち415件については子どもに傷やあざがあったり、親が子どもとの面会を拒んだりするなど緊急性の高いケースで、最終的に立ち入り調査や子どもの一時保護などの措置が取られた。

 「48時間ルール」は18年3月に東京都目黒区で5歳女児が死亡した事件を受け、政府が18年7月に決定。しかし19年6月に札幌市で2歳女児が衰弱死した事件でもルールが守られていないことが判明し、厚労省が実態調査に乗り出した。

 一方、18年度に全国の児相が対応した虐待件数(速報値)は前年度比19.5%増の15万9850件と28年連続で過去最多を更新した。警察などからの通告が半数を占めており、厚労省は「虐待事件への認知度が高まり、市民からの110番が増えているとみられる」と説明している。

 虐待の内容別では、子どもの前で家族に暴力を振るう「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」などの心理的虐待が8万8389件(55.3%)で最多だった。身体的虐待が4万256件(25.2%)、育児放棄(ネグレクト)が2万9474件(18.4%)、性的虐待が1731件(1.1%)。心理的虐待は前年度から1万6192件、身体的虐待は7033件増えた。

キャプチャ2
女児が衰弱死した事件で現場のマンション前に献花をする人(6月、札幌市)

政令市や中核市を含む都道府県別の件数では、大阪の2万694件が最も多く、神奈川1万7272件、東京1万6967件が続いた。最も少なかったのは鳥取の80件。全ての都道府県で増加し、増加率は沖縄(1.59倍)や山形(1.52倍)などが高かった。

 児童虐待の対応件数は通告が義務化された00年度以降に目立って増加しており、この18年間で件数は9倍になっている。これに対し、児相で対応する児童福祉司は18年度で3426人と、00年度の2.6倍にとどまっている。

 厚労省の担当者は「虐待の通告件数の増加に対応できるだけ、児童福祉司を確保できていない。48時間ルールを守るのは現状では難しいケースもある」と分析。児童福祉司の確保には限界もあるため「親への育児指導を外部委託するなど、業務の効率化も進めていく」としている。

 厚労省は17年度の虐待による死亡事例の検証結果も公表した。無理心中を除いた死者は52人と前年度より3人増えた。0歳児が28人と最も多く、望まない妊娠だったケースが16人だった。



000533885_ページ_1
000533885_ページ_2
000533885_ページ_3

000533885_ページ_4

000533885_ページ_5
000533885_ページ_6
000533885_ページ_7

拡大画像➡ここをクリック(タップ)

キャプチャ

平成30年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数(速報値)(別添2)(PDF:563KB)➡ここをクリック(タップ)







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ