FC2ブログ

記事一覧

慶應は「朝ドラ」ヒロインの宝庫 俳優の出身大学ランキング(2020年12月27日配信『AERA.com』)

キャプチャ2JPG
慶應朝ドラ女優の二階堂ふみ

キャプチャ
大学ランキング 2021 (AERAムック)

 2020年のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の「エール」に出演していた二階堂ふみは、慶應義塾大に在学中だ。

キャプチャ
【ランキング】俳優の出身大学の2位は明治、ダントツ1位は?

 朝ドラは慶應出身の女優と縁がある。紺野美沙子は「虹を織る」(1980年)、菊池麻衣子は「ふたりっ子」(1996年)、葵わかなは「わろてんか」(2017年)でヒロインを演じた。檀ふみは「とと姉ちゃん」(2016年)でナレーションをつとめている。

 二階堂は、2014年にAO入試で慶應義塾大総合政策学部に入学しており、今年度で7年目になる。2018年、「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演の際、「同級生はもう卒業して、私は遅れているので頑張らなきゃなと思っています」と語っている。

 一方で、慶應義塾大生がこんな話をしている。

「入学当初は必修科目の体育の授業や、服飾系の授業で見かけました。ただ、彼女が入学した14年に学則が変わり、SFCの学生は入学時に『データサイエンス科目認定試験』を合格の上、統計解析などの科目を履修するのが3年生への進級条件となった。相応の数学力も求められるため、もともと文学部志望だった二階堂さんには厳しい条件です」(文春オンライン11月25日)

 朝ドラのヒロインが確実視されている「将来の慶應出身」女優がいる。現在、慶應義塾女子高校に通う芦田愛菜だ。まだ、慶應義塾大生になっていないが、そのまま系列大学に進むだろうと言われている。2020年度は、同校卒業生213人のうち慶應義塾大への内部合格者は209人(98.1%)だった(大学通信調べ)。

 芦田は「まんぷく」(2018年)でナレーションを行っており、すでに朝ドラで実績を積んでいる。NHK関係者は、「芦田さんが慶應義塾大に入るであろう2023年、朝ドラヒロインとして三顧の礼を持って迎えられるんじゃないでしょうか」と話す。

 最近の朝ドラのヒロインの出身大学は次のとおり。

 多部未華子「つばさ」(2009年)=東京女子大
 松下奈緒「ゲゲゲの女房」(2010年)=東京音楽大
 井上真央「おひさま」(2011年)=明治大
 土屋太鳳「まれ」(2015年)=日本女子体育大
 高畑充希「とと姉ちゃん」(2016年)=法政大
 安藤サクラ「まんぷく」(2018年)=学習院女子大


 俳優の出身大学と演じた役柄に、なかなか興味深い関係を見ることができる。

 2019年、ブルーリボン賞、報知映画賞の主演男優賞を、「記憶にございません!」で首相を演じた中井貴一が受賞した。

 中井は安倍晋三・前首相と同じ成蹊大OBで、父親と同じ仕事に就いたという共通項がある。スポーツ紙でこう話していた。

「先輩、僕、総理をやっておりまして、ぜひご覧になってくださいと言ったら『ちょうど見たいと思っていたんですよ』と。(略)感想は聞いていませんが『(冗談で)記憶にございません』って言ったようなので、今度会ったらそう言われるんでしょうね」(「スポーツ報知」19年9月13日)

 映画では「中井」首相の支持率が2.3%と描かれている。

 俳優の出身大学は、かつて、「日芸」こと芸術学部が看板の日本大や、学内で演劇サークルが盛んな早稲田大が多かった。昨今では、大阪芸術大が個性派俳優を送り出している。筧利夫、木下ほうか、時任三郎、古田新太、橋本じゅん、渡辺いっけい、羽野晶紀、藤吉久美子などである。明治大からは若手俳優が生まれている。前出の井上真央のほか、原田夏希、北川景子、山本美月、川島海荷、向井理、山下智久などだ。

 テレビ、映画、舞台で活躍する俳優の出身校は近年、バラエティーに富むようになった。

 若手では、賀来賢人(青山学院大)、竹内涼真(立正大)、吉岡里帆(京都橘大)など。バイプレーヤーとして存在感たっぷりな俳優には、吉田鋼太郎(上智大)、佐藤二朗(信州大)、ムロツヨシ(東京理科大)、佐々木蔵之介(神戸大)、松重豊(明治大)、西村まさ彦(東洋大)、岸谷五朗(中央大)、鈴木浩介(青山学院大)などがいる。

 俳優と出身大学に関係を見いだすことはできるだろうか。

 大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS)に出演した堺雅人と北大路欣也は早稲田大であり、ともに学生時代から舞台経験が豊富だ。賀来賢人は青山学院大、及川光博は成城大で、いずれもおぼっちゃん風といえるかもしれない。東京大の香川照之は、役柄から「頭が切れそう」というイメージもあるだろうか。

 大学が俳優のカラーを作るのか。俳優が大学のカラーを作るのか。OBOGの俳優がどう活躍するかは、大学のイメージにも多少影響してくる。朝ドラ出演率の高さで、慶應義塾大は得をしているかもしれない。

※文中敬称略、出身者は中退を含む

(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ