FC2ブログ

記事一覧

先行解除で“コロナ変異株”感染爆発の恐怖…既に市中感染か(2021年2月26日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
変異株はどう説明?(西村経済再生相と新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長=右)

 首都圏を除く6府県で検討されている緊急事態宣言の前倒し解除。菅政権は26日、方針を決定する。解除議論にあまり上がらないが、気がかりなのが、ジワジワと市中に広がる新型コロナ変異株だ。解除を機に人の移動が活発になれば、変異株クラスターが乱発する恐れがある。

 ◇  ◇  ◇

 25日、14人の変異株感染者が判明し、200人を超えた。これまでに18都府県で153人、空港検疫で49人が確認されている。先行解除対象の関西3府県では兵庫25人、大阪9人、京都3人が判明している。恐ろしいのは、そのうち、兵庫7人、大阪3人、京都3人は感染経路が不明。どこかで誰かに変異株をうつされたのだ。濃厚接触者ではないのにどうやって見つけたのか。

「変異株感染者の濃厚接触者でなくても、検体中のウイルス量が多い場合、県内で簡易検査を行うことがある。疑いが強い検体は国立感染症研究所に送り、変異株かどうかを確定します。経路不明の陽性者はそうして判明しました」(兵庫県感染症対策課)

 現在、判明している変異株は氷山の一角の可能性が高い。変異株の検査は感染者の1割未満しか行われていないからだ。西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

■市中感染拡大か、経路不明相次ぐ


「1割の検査で18都府県153人ということは、その10倍か、少なくとも数倍程度は変異株の感染者がいるはずです。しかも、経路不明の感染者が少なからず見つかっているということはある程度、変異株が市中に広がっていると考えた方がいいでしょう」

 関西3府県の37人の変異株感染者は大勢が集まるイベントや飲み会などに参加しておらず、不特定多数との接触はなかった。9人の変異株感染者が確認された24日、兵庫県は〈いずれも不特定多数との接触がなく、周囲への感染の広がりがないことから、うわさやデマに惑わされず、冷静な行動をお願いします〉と呼び掛けている。

 しかし、緊急事態宣言が解除されれば、事情は違ってくる。

「これまでは緊急事態宣言が出されていたので、イベントや飲み会の機会もなく、不特定多数との接触が避けられた面もあるでしょう。解除により、人との接触の機会が増えれば、感染力が最大1・7倍の変異株の感染者がスプレッダーとなり、あちこちでクラスターが発生してもおかしくありません」(中原英臣氏)

 変異株が国内で判明して2カ月。すでに保育施設や職場クラスターが発生している。変異株の火種がくすぶる中、緊急事態宣言を前倒ししてまで解除して大丈夫なのか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ