FC2ブログ

記事一覧

詐欺メールにご用心 宅配状況は公式アプリで確認を(2021年2月28日配信『日本経済新聞』)

スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)などを使った詐欺メールが横行している。宅配便の不在通知などに似たメッセージを送って偽サイトに誘導し、決済時に個人情報を取ってフィッシング詐欺を働こうとする。大事なのは届いたメールに記載されたURLをクリックしないこと。配送状況などは公式アプリをインストールして確認するようにしよう。

キャプチャ2

①詐欺メールを見分ける

詐欺メールはSMSかパソコン・携帯メールで届く。宅配会社からSMSで連絡があった場合、詐欺メールと考えていい。ヤマト運輸や佐川急便など大手宅配業者は、各ホームページで「荷物の集配についてSMSで案内することはない」と明記している。

パソコン・携帯メールで届いたメッセージは、メールの上にある「From」欄に書かれているメールアドレスを確認しよう。会社に関係なさそうな不審なアドレスは詐欺メールに間違いない。会社名と似たアドレスであっても偽造されたものの可能性がある。慎重に見極めたい。

受け取ったSMSやメールが詐欺だとわかったときは、何もせず放っておいていい。気になるのであれば削除してもかまわない。メールを受け取っただけで個人情報が流出するわけではない。

SMSやメールに記載されているURLをタップして開かないことが大事だ。うっかりタップしてウェブサイトが開いてしまった場合、すぐにブラウザーを閉じてしまえば問題ないケースがほとんどだ。ウェブサイトの案内に従って個人情報を入力したり、アプリをインストールしたりすると、詐欺被害に遭う可能性がある。

キャプチャ3

②宅配便や通販サイトのお知らせを確認する

宅配便を頼んでいて荷物がどのような状況か気になっていても、メッセージにあるURLから確認しないこと。配達状況はアプリで確認するのが安全だ。宅配会社が提供する公式アプリをインストールし、荷物の番号を入力して問い合わせよう。

アマゾンなど通販会社のお知らせに似た詐欺メールもある。なかには「支払い情報を更新できませんでした」など差し迫ったメールを装うものもあるが、慌てないように。公式アプリの「アカウントサービス」メニューを開いて確認しよう。アプリの通知機能をオンにしておくと、重要なお知らせがあるときに自動的に届くようになる。


キャプチャ4

重要なのは、宅配便や通販サイトを使うときは、ウェブブラウザー経由ではなく公式アプリから届く通知のみ信用することだ。そうすれば、SMSやウェブサイト経由で届くメールの被害に遭いにくくなる。

キャプチャ5

③詐欺メールをフィルタリングする

詐欺メールが手元に届かないようにするために、フィルタリングを活用する方法もある。

たとえばパソコン・携帯メールの場合、GmailやOutlookなどを使うと、自動的に迷惑メールがフィルタリングされるようになる。その結果、詐欺メールが目につかなくなる。市販されているセキュリティーソフトの迷惑メール対策機能を使う方法もある。

スマートフォンの場合、各キャリアが提供している迷惑メールフィルターを設定しておこう。そうすれば、迷惑メールをキャリア側で排除してくれる。

(ライター 井上 真花)





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ