FC2ブログ

記事一覧

「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ(2021年3月3日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
何をもって基準とするのか、誰がチェックするのか

 国民が望んでいるのは支給対象者を絞らない「一律支給」だろう。

 立憲民主、共産、社民3党が、新型コロナウイルス感染拡大で困窮する低所得者に1人当たり10万円を改めて給付するための法案を衆院に共同提出した。住民税非課税世帯など約2700万人が対象で、所要額は2兆7000億円を見込む。

 低所得者に対する支給案は自民党若手議員からも同様の声が上がっているが、新型コロナの影響で収入が減り、住宅ローンの支払いなどがままならない状況に陥っているのは低所得者だけではない。総務省の調査によると、コロナ禍で勤務時間が短くなったために十分な収入が得られなくなり、長く働きたいと望む労働者が2020年平均では前年比25%増にもなったという。

 ネット上でも<公営団地に住んで低い家賃を払っている人も、家族4人で10万~15万円の家賃を負担している人も厳しい状況は同じ><とりあえずは国民すべてに一律支給した上で困窮者対策を考えるべきではないか><このままだと中間層もダメになる>といった声が目立つ。

  認定NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長も日刊ゲンダイのインタビュー取材に対し、支給対象者を絞った場合の問題点についてこう話していた。

<仮に低所得者層に絞って給付しようとなった場合、どこを基準にするのか。チェックを誰がするのか。どういうプロセスを踏むのかという問題があり、手続きが煩雑になるほど時間がかかります>

<必要としている人に届けるべき、というのは理想ですが、今は出来る仕組みがありません。要件を厳しくしたり、申請書類を多くしたりすると返って必要な人に届かなくなってしまうのです>

 コロナ禍は先が見えない「災害」だ。今は辛うじて踏ん張っていられたとしても、いつ、生活困窮者になるかもしれない。そんな予備軍は少なくないのだ。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏がこう言う。

「困窮者の線をどこで引くのか。例えば昨年はある程度の収入があったとしても、今年は失業しているかもしれない。このコロナ禍は誰が困窮者になってもおかしくない状況にあるのです。一律支給でさえ4カ月間もかかったわけで、対象者を絞っているうちに困窮者が増え続けますよ」

 やはり感染拡大を招きかねない「Go To トラベル」の予算をいったん中止し、全国民への定額給付金に回したらどうなのか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ