FC2ブログ

記事一覧

マスクで見えぬ表情シールで伝えて「聴覚障害者の一助に」萩・雲林寺制作(2021年3月3日配信『山口新聞』)

キャプチャ
耳の日に合わせて雲林寺が制作した「ちょっと便利シールセット」=2日、萩市吉部上耳の日に合わせて雲林寺が制作した「ちょっと便利シールセット」=2日、萩市吉部上

キャプチャ2

 「猫寺」で知られる萩市吉部上の雲林寺(角田慈成住職)は3月3日の「耳の日」に合わせ、聴覚障害者らに役立ててもらおうと、コンビニやスーパーで使える「ちょっと便利シールセット」を制作した。

 聴覚障害者らは買い物の際、新型コロナウイルスの感染予防でマスクを着用した店員らの口元や表情が読み取れず、コミュニケーションを取るのが難しい状況にあるという。そこで、日常の場面でコミュニケーションを取りやすくするために初めてシールを作った。中途失聴者などの助言を取り入れた。

 シールは1セット6枚で、いずれも猫のキャラクターを使ったデザイン。レジ袋の「袋不要」「袋必要」のほか、弁当を「あたためて」「温めない」などを伝えるように仕上げた。1枚の大きさは縦5センチ、横3・5センチでポイントカードや台紙などに貼って使うことを想定している。

キャプチャ4



キャプチャ

キャプチャ2
丸太をチェーンソーで削って制作された石段に並ぶかわいらしい猫の像。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ