FC2ブログ

記事一覧

河井克行元法相を保釈 8カ月半ぶり 議員バッジを付け車に(2021年3月3日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
保釈され東京拘置所を出る河井克行被告=東京・小菅で2021年3月3日午後9時5分、長谷川直亮撮影

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、東京地裁は3日、公職選挙法違反に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の保釈を認める決定を出した。保釈保証金は5000万円で、克行議員側は即日納付した。検察側は不服として抗告したが、東京高裁は棄却した。克行議員は同日夜、逮捕から約8カ月半ぶりに身柄の拘束を解かれた。

【収支報告書の写真】河井夫妻の19年分報告書は詳細不明➡ここをクリック

 克行議員は午後9時過ぎ、東京拘置所の玄関に姿を見せた。濃紺のスーツに白のシャツ、水色のネクタイ姿で、胸には議員バッジを付け、マスクを外して約100人の報道陣を前に10秒ほど深々と一礼。横付けされた車に弁護人らと乗り込んだ。約30分後、車は東京・赤坂の衆院議員宿舎に入った。

 克行議員は20年6月に逮捕された後、一貫して無罪を主張。これまで4度の保釈請求はいずれも退けられていた。判断の念頭には、保釈された被告によるトラブルがあったとみられる。19年末に日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(66)がレバノンに逃亡。20年には、汚職事件で収賄罪に問われた衆院議員の秋元司被告(49)が、贈賄側に偽証を働き掛けたとされる前代未聞の事件も起きた。

 克行議員の起訴内容は、地方議員ら100人に対する総額約2900万円の選挙買収で規模が大きい。公判に出廷した証人に、いら立った振る舞いをしたこともあり、地裁は保釈をためらっていた可能性がある。

 20年8月に始まった公判は、44回の審理を経て大半の証人尋問が終わった。23日から予定される被告人質問が終了すれば、結審が近づく。克行議員の保釈保証金は、1200万円だった妻の案里元参院議員(47)の約4倍。地裁は、証拠隠滅の恐れが限りなく低くなったタイミングで、保釈保証金の額を大幅に引き上げてハードルを上げた上で、保釈を認めたとみられる。

 起訴状によると、克行議員は19年3~8月、地方議員ら100人に案里元議員への票のとりまとめを依頼し、計約2900万円を渡したとされる。このうち4人に計160万円を配った案里元議員は懲役1年4月、執行猶予5年の有罪判決を受け、確定した。【遠山和宏、二村祐士朗】



河井克行被告保釈、深々と頭下げ 保証金5000万円を即日納付(2021年3月3日配信『中国新聞』)


保釈され、迎えの車に乗り込む前にマスクを外す河井克行被告(東京拘置所)

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反罪に問われている元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=が3日保釈され、勾留されていた東京拘置所(東京都葛飾区)を8カ月半ぶりに出た。東京地裁が同日、保釈を認める決定をした。保釈保証金は5千万円で、克行被告側は現金で即日納付。東京地検は決定を不服として抗告したが、東京高裁が棄却した。

【写真集】克行被告はその時…28歳での県議選初挑戦から入閣、大規模買収事件まで➡ここをクリック

 克行被告は午後9時5分ごろ、スーツにネクタイ姿で拘置所の建物を出た。マスクを外し、玄関の外にいる報道陣に向かって約10秒間、無言で深々と頭を下げた。その後、迎えの黒いセダンに乗り込み、拘置所を後にした。車両は港区赤坂の衆院議員宿舎に入った。

 克行被告の弁護人は2月24日に5回目の保釈請求をしていた。克行被告から現金を受け取ったとされる広島県内の政治家や後援会員ら100人の証人尋問や供述調書の朗読が2月19日の公判で終わり、裁判所側は克行被告による証拠隠滅の可能性は低いと判断したとみられる。

 東京地裁は3月23日から最大のヤマ場となる被告人質問を予定している。

 克行被告は妻の案里元参院議員(47)と共に20年6月18日に逮捕され、東京拘置所に勾留されていた。弁護側は同年8月25日の初公判で、100人に提供したとされる2901万円の趣旨について「陣中見舞いや当選祝い、諸活動の手間賃だった」と買収の意図を否定し無罪を主張。一方、100人のうち94人は買収の意図を感じたと認めている。

 案里氏は、被買収者らの証人尋問が終わった後の同年10月27日に保釈された。今年1月21日に東京地裁から懲役1年4月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡され、2月3日に議員辞職。同5日に判決が確定した。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ