FC2ブログ

記事一覧

心愛さん父に二審も懲役16年 千葉小4虐待死、東京高裁(2021年3月4日配信『共同通信』)

キャプチャ
栗原勇一郎被告(フェイスブックから)

 千葉県野田市の自宅で2019年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(43)の控訴審判決で、東京高裁(近藤宏子裁判長)は4日、懲役16年とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 控訴審で弁護側は、一審判決に事実誤認があり、量刑が重すぎると主張していた。

 昨年3月の一審判決は、心愛さんへの暴行など起訴された六つの罪を全て認定し「尋常では考えられないほど凄惨で陰湿な虐待だった」と指摘。死者1人の傷害致死罪では「最も重い部類に位置付けられるべきだ」と述べた。



長女虐待し死亡させた父親 2審の東京高裁も懲役16年の判決(2021年3月4日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

千葉県野田市で、小学4年生の長女に冷たいシャワーを浴びせて死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた父親に対し、2審の東京高等裁判所は「虐待事件の中でも悪質性は並外れている」として、1審に続いて異例の重さとなる懲役16年を言い渡しました。

キャプチャ2

千葉県野田市の栗原勇一郎被告(43)は、おととし1月、小学4年生の長女の心愛(みあ)さん(当時10)の顔に冷たいシャワーを浴びせるなどして死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われました。

1審の千葉地方裁判所が「異常なほど悪質な犯行だ」として、子どもに対する虐待事件では異例の重さとなる懲役16年を言い渡したのに対し、2審で被告の弁護士は「刑の重さの傾向を大きく逸脱し重すぎる」と主張しました。

2審の判決で、東京高等裁判所の近藤宏子裁判長は「理不尽極まりない虐待行為を続けた末に、シャワーで冷水を浴びせ続けるなどして死なせたのは、異常なまでにむごたらしく、虐待事件の中でも悪質性は並外れている」と指摘しました。

そのうえで「1審が従来の刑の重さの傾向を大きく超えるべきだとした判断には、説得力のある根拠が示されている」として被告の控訴を退け、1審に続いて懲役16年を言い渡しました。

過去の傾向を大きく超えた1審の裁判員裁判の判断について、裁判官だけで審理する2審も認めました。



千葉・野田虐待死 「並外れた悪質性」被告の控訴棄却 東京高裁(2021年3月4日配信『毎日新聞』)

 千葉県野田市で2019年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)を虐待し死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた父勇一郎被告(43)の控訴審判決で、東京高裁は4日、懲役16年とした1審を支持し、被告の控訴を棄却した。近藤宏子裁判長は、虐待について「悪質性は並外れたものとして際立っている」と述べた。

 裁判員裁判だった1審・千葉地裁判決(20年3月)は、勇一郎被告が心愛さんに食事を2日間与えなかったことがあるほか、昼夜を問わず浴室やリビングに立たせ続けたり、胸の骨を折る暴行も加えたりして、1年2カ月にわたり虐待を続けたと指摘。飢餓状態で睡眠不足に陥った心愛さんに浴室で冷水を浴びせて死亡させたと認定した。

 近藤裁判長も、こうした事実を追認し「虐待は異常なまでに陰惨でむごたらしいもので、極めて悪質」と判断。「1審の量刑は過去の同種事案の量刑傾向から大きく逸脱しており、重過ぎる」とする弁護側の主張を退けた。

 さらに、学校を通じて児童相談所に被害を訴えた心愛さんを自宅に連れ戻し、妻にも暴力をふるって支配したとし「被害者を孤立無援の状態に追い込み、凄惨(せいさん)な死に至らせた。執拗(しつよう)で、強固かつ独善的な虐待意思があり、極めて強い非難が妥当する」と述べた。







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ