FC2ブログ

記事一覧

1人1人の人生想像してほしい…東京大空襲の犠牲者400人の名前、集会で読み上げへ(2021年3月6日配信『東京新聞』)

 一夜にして約10万人が死亡したとされる1945年3月10日の東京大空襲から76年を前に、空襲犠牲者1人1人の名前を読み上げる追悼集会が8日、東京都内で初めて開かれる。「一くくりにはできない、それぞれの人生を想像してほしい」と遺族らが企画した。(井上靖史)

 集会の実行委員会は、空襲犠牲者の遺族らが国に謝罪と補償を求めた東京大空襲訴訟の元原告団と、その支援者たちで結成。当日は訴訟で公表された犠牲者名簿などから、遺族の了解が得られた約400人の氏名、当時の年齢、性別、住所を1時間ほどかけて読む。会場が手狭なことや新型コロナ対策などのため、インターネットでも配信する。

キャプチャ
東京大空襲の被害救済を求めた訴訟資料などを基にした名前読み上げリストに目を通す河合節子さん=東京都内で

 「名前から、1人1人への思いを巡らせたい」。発起人の河合節子さん(81)=千葉市=が話す。これまで東京大空襲の追悼行事で、犠牲者の名前が読み上げられたことはなかった。都立横網町公園(墨田区)にある「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」には、約8万人分に上る犠牲者名簿が納められているが、都は個人情報保護法を理由に非公開としている。

 河合さんは空襲で江東区の自宅が燃え、母親と弟2人を亡くし、犠牲者の調査と、都が所有する名簿の公表を求める活動を続ける。

 昨年夏、市民団体「シベリア抑留者支援・記録センター」が「犠牲者の名前を記憶に刻む」ことを目指し、ネット上で4万6300人の名前を読み上げる中継をしたことに背中を押され、読み上げ集会を思い立った。「全国の空襲犠牲者にイベントのことを知らせ、名前の読み上げが普通になるようにしたい」

 8日の会場は、民間の戦争資料展示施設「東京大空襲・戦災資料センター」(江東区)。会場参加は既に締め切り、ビデオ会議システム「Zoom」によるリモート参加を呼び掛けている。名前の読み上げ希望も募集している。詳細は、実行委員会のWEBページへ。問い合わせは、河合さん=電090(5406)2577=へ。

キャプチャ

実行委員会➡ここをクリック



「東京大空襲を語り継ぐつどい」 今年はオンライン きょう受け付け開始(2021年2月20日配信『東京新聞』)

 東京大空襲・戦災資料センター(江東区)は毎年、東京大空襲があった3月10日に先立って開いてきた「東京大空襲を語り継ぐつどい」を、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインで行う。20日から申し込み受け付けを開始し、3月1日〜14日に配信する。ネット環境がない人のために、同内容の映像を収録したDVDも販売する予定。 (小松田健一)

 昨年のこの時期は感染拡大によって政府がイベント開催の自粛を要請し、会場を確保できなかったため、つどいを中止した。今年も会場を借りるのは難しいと判断し、オンラインに切り替えた。

 今回は、歴史学者でベストセラー「日本軍兵士」(中公新書)など昭和の戦争に関する著作が多数あり、近現代史研究の第一人者の吉田裕館長が講演する。

キャプチャ

 また、8歳の時に現在の台東区で大空襲に遭い、現在は同センターのボランティアガイドとして活動する白石哲三さん(83)が体験を語る。このほか、同センターのこの1年間の動きも紹介し、放映時間は2時間程度。配信期間中は何回でも視聴できる。

 料金は1回線500円で、同センターホームページから申し込む。オンライン決済を基本とするが、郵便振替での支払いも受け付ける。DVDは3月10日ごろの発売を予定し、価格は1枚500円で送料100円が別途かかる。

 配信申し込みの締め切りは同月12日。問い合わせは同センター=電03(5857)5631=へ。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ