FC2ブログ

記事一覧

スクリーニング検査遅遅として進まず「隠れ変異株」大暴れ(2021年3月11日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
オールジャパンの監視体制強化を訴えたが…(新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長)

 どこまで変異株は広がるのか――。政府分科会の尾身茂会長は10日の衆院厚労委で「早晩、変異株が主流になる」と危機感をあらわにし、オールジャパンによる監視体制強化を訴えた。しかし、もう手遅れかもしれない。変異株を見つけるための簡易検査も、まったく進んでいないからだ。この先、市中に潜む「隠れ変異株」が大暴れしてもおかしくない。

 ◇  ◇  ◇

 新型コロナの次の流行の波は夏にやってくるとみられる。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「新型コロナウイルスは冬と夏に流行を繰り返す『季節性』があります。感染者数が2~3月に減ったのは、緊急事態宣言の効果がないとは言いませんが、自然に収束する時期だった面が大きい。各国の感染のピークはことごとく1月と8月に集中してます。当面、激増することはないとみていますが、変異株が主流になれば、夏の流行が拡大し始める4~5月に感染者数が一気に増える可能性があります」

 夏の流行は冬よりはるかに小さい。ところが、ブラジルや南アフリカでは真夏に大流行が起きている。感染力の強い変異株が蔓延しているからだ。従来型よりも、ブラジル型は1・4~2・2倍、南ア型は1・5倍感染力が強いとされる。

 日本でも変異株の感染者を検査で早期に見つけて隔離し、感染拡大を防ぐ必要がある。

 厚労省は2月5日、各自治体に対して全感染者の5~10%の検体を対象に、変異株のスクリーニング検査を実施するよう要請している。

キャプチャ2
肝心の東京でスクリーニング検査がほとんど行われていない

もはや手遅れ すでに市中に蔓延か

 ところが、肝心の東京でスクリーニング検査がほとんど行われていないのだ。

 厚労省が発表した2月22~28日に行われたスクリーニング検査(PCR検査)の実施状況をまとめた〈表〉。

 千葉は2割を超えているが、埼玉6%、東京と神奈川はなんと3%の体たらく。1日当たりの実施件数は、東京9件、神奈川4件という少なさ。これでは、変異株の感染拡大を防げない。

「あり得ない検査件数です。意図的に変異株の検査を実施していないとしか思えません。そもそも、厚労省の『感染者の5~10%』との要請は少な過ぎる。変異株をスクリーニングするPCR検査は2~3時間で結果が判明する簡易検査です。現在、1日当たりの新規感染者は1000人程度です。全陽性者の検体を対象に実施できるはずです。東京や神奈川で変異株の感染者が少ないのは、検査をしていないからで、変異株はすでに首都圏で蔓延しつつあると考えた方がいいでしょう」(上昌広氏)

 厚労省は10日、9日時点の変異株の感染者数が21都府県271人となったと発表した。

 5日時点の20都府県194人から大幅に増えたが、これも氷山の一角である可能性が高い。このままでは夏に感染爆発しかねない。

キャプチャ3
英変異株は従来型より感染率は40~70%高く、致死率は30~100%高い(C)ロイター

英変異株「致死率は2倍」
 英国内で見つかった新型コロナウイルス変異株は、従来型と比較して感染力ばかりでなく致死率も高く、最大で2倍になるという。10日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された英エクセター大学などの研究チームの論文で明らかになった。

 論文によると、英変異株の致死率は従来型より30~100%高い。英変異株感染者5万4906人のうち227人が死亡。これに対し従来型では同数患者のうち死亡したのは141人だった。

 英変異株は感染率が従来株より40~70%高いとされているが、今回の研究結果で致死率も「格段に高い」ことが確認された。研究チームは「死亡率自体はなお低いものの、変異株が死者数の急激な上昇を招く恐れがある」と注意喚起した。 




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ