FC2ブログ

記事一覧

年間ワーストのジェンダー差別発言 1位は杉田水脈氏、2位は…(2021年3月8日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
自民党の杉田水脈衆院議員=川田雅浩撮影

 大学教授らが、この1年で政治家らから飛び出したジェンダーに関する問題発言のワースト1位を決めるネット投票を実施し、「国際女性デー」の8日、結果を公表した。数々の差別発言に抗議の声が高まったこの1年。改めて、どんなひどい発言があったのか振り返る。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 投票は、大学教授らでつくる「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が2月26日~3月5日に実施した。昨年1月~今年2月20日に報道された政治家らによる発言が対象。1人2票を投票でき、約1週間で3044人が投票した。

 1位(1995票)は、昨年9月、自民党の杉田水脈・衆院議員(比例中国ブロック)が党の非公開会合で述べた「女性はいくらでもうそをつける」という発言。投票総数の33・1%を占めた。同会は「女性の性暴力被害の訴えに対し、正当な根拠も示さずに初めから『虚偽申告ではないか』と疑う発言であり女性蔑視だ」と指摘。投票した人からは「苦しんでいる当事者が一層声を上げにくくなる」などの声が寄せられたという。

キャプチャ2
日本オリンピック委員会の女性理事増員方針を巡る発言について、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=東京都中央区で2021年2月4日午後2時2分(代表撮影)

 2位(1216票)は、今年2月、東京オリンピック・パラリンピック組織委の森喜朗・前会長が日本オリンピック委員会(JOC)の会合で述べた「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が強い」「女性を増やしていく場合は、発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらないで困るといっておられた。だれが言ったとは言わないが」「(組織委の女性理事は)みんなわきまえておられて」などの発言。

 3位(794票)は、白石正輝・東京都足立区議が昨年9月、区議会で述べた「あり得ないことだが、日本人が全部L(レズビアン)、G(ゲイ)になったら次の世代は一人も生まれない」「LだってGだって法律に守られているという話になったのでは、足立区は滅んでしまう」という発言。

 投票対象には他にも、自民党の竹下亘・衆院議員が今年2月、橋本聖子・前五輪担当相について語った「スケート界では男みたいな性格でハグなんて当たり前の世界」「セクハラと言われたらかわいそう」などの発言があった。

 同会によると、自由記述欄に記入した689人のうち26%が、「全部ひどいのですべてに投票したい」「2票では足りない」などとコメントしているといい、同会は「獲得票が少ないことは、その公的発言に問題がないことを全く意味しない」と指摘する。

 このキャンペーンは、政治家や公職に就く人からのジェンダーに関する差別発言の問題性を発信し、抗議の声を可視化するために2017年から毎年実施している。

 今年投票対象となった発言に対しては、いずれもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心に強い抗議の声が上がった。森氏は当初、謝罪のみで辞任しない意向だったが、国内外からの批判を受け、辞任に追い込まれた。同会呼びかけ人の一人、中央学院大の皆川満寿美准教授は「ジェンダー平等に反する政治家らの発言への強い批判が、社会を変える力を持ちうることを示した」と指摘。「差別発言があった際に市民が一つ一つ指摘して問題を可視化し、選挙の際にこうした発言をする政治家を選ばないという投票行動を示していくことが大切だ」と話した。

キャプチャ3

公式サイト➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ