FC2ブログ

記事一覧

吉村知事もろくなもんじゃ…国会議員批判よりやるべきこと(2021年3月12日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
吉村大阪府知事

「今の国政とか国会議員も、ろくなんいないじゃないですか」

「高い給料もらって、コロナ禍でボーナスもカットせずに、ええ身分でやってるわけです」

 毎日放送(MBS)の番組で10日、国会議員についてこう批判していた大阪府の吉村洋文知事(45)。ネット上では、<よくぞ言ってくれた><本当にその通り>などと発言を支持する声が目立つが、ちょっと待ってほしい。

 吉村知事のこの1年余りのコロナ対応を振り返る限り、吉村知事も「ろくなもんじゃねえ」という言葉がピタリ当てはまるのではないのか。

 例えば、吉村知事は昨年、大阪大発の創薬ベンチャーが開発中だったワクチンを取り上げ、当時はまだ治験実施のめどが付いていなかったにもかかわらず、テレビ番組などで「7月に治験開始、9月に実用化」「年内に10万~20万人に打つ」などと前のめりの発言をして暴走。また、会見で「ウソみたいな本当の話」と切り出し、市販のうがい薬を目の前にズラリと並べながら、「ポビドンヨード(商品名・イソジンなど)が含まれたうがい薬を使うことで、コロナの重症化などを防げる」などと根拠に乏しい持論を展開したため、ドラッグストアなど現場の大混乱を招いた。
 さらに昨年10月には、府内の新型コロナの新規感染者が増加傾向に転じ始めたにもかかわらず、日本維新の会代表である大阪市の松井市長(57)と一緒に旗振り役を務めた「大阪市廃止」の賛否を巡る住民投票を強行し、一部の府民から反発の声が上がった。

 他にも失言や暴言などを挙げればキリがない。国会議員と同じ政治家としてみた場合、吉村知事も決して胸を張れるほど仕事はしていないだろう。

 しかも、吉村知事や松井市長が関わる「維新」絡みの政治家は醜聞ばかりだ。

 市役所に家庭用サウナなど私物を大量に持ち込んだり、タクシーチケットを私用で使ったりして、市議会の百条委員会で証人喚問された大阪・池田市の冨田裕樹市長(44)は元大阪維新の会顧問。愛知県の大村秀章知事(61)のリコール運動を巡る偽造署名問題で、リコールの会の事務局長を務めた田中孝博事務局長(58)は維新の愛知県第5選挙区支部長だった(2月末に支部長を辞任)

 日刊ゲンダイ本紙で「大阪都構想のまやかし」を連載した在阪ジャーナリストの吉富有治氏がこう言う。

「府民の中には吉村知事に対して『よく頑張っている』という声が多い。それはなぜかというと、連日のようにテレビ出演し、番組の司会者や出演者が吉村知事をヨイショするからです。要するに言いっ放し、垂れ流しの繰り返し。そして知事の発言などについてファクトチェックする仕組みもない。これは在阪メディアにも責任があります。吉村知事は国会議員を批判する前に、まず維新が進める府政、市政について考えるべきです」

「(今のままでは)日本、大丈夫かなと思うことがある」

 国会議員をこき下ろしながら、こうも語っていた吉村知事。その厳しい視点で府政、市政を見直した方がいい。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ