FC2ブログ

記事一覧

日テレ、アイヌ民族差別 「番組で不適切表現」謝罪(2021年3月12日配信『北海道新聞』)

キャプチャ

スッキリからのお詫び
3月12日(金)放送の「スッキリ」の中で、アイヌ民族の女性をテーマにしたドキュメンタリー作品を紹介しました。それを受けての放送内容においてアイヌの方たちを傷つける不適切な表現がありました。
日本テレビではアイヌの皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫び申し上げるとともに今後、再発防止に努めてまいります。


 日本テレビ系列の朝の情報番組「スッキリ」で12日、アイヌ民族に対する差別表現があり、会員制交流サイト(SNS)などで多数の批判の声が上がった。同局は、同日夕方のニュース番組などで「アイヌの方たちを傷つける不適切な表現だった」と謝罪した。

 問題の発言があったのは番組終盤、アイヌ民族を描いたドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した直後。お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして、動物を見つけた時と解く」と謎かけをし「あ、犬」と続けた。放送では発言に「アイヌ」とふりがなを付けたテロップが出た。

 番組放送後、ツイッターでは「差別は無知から生まれることを体現している」など、批判や抗議が相次いだ。発言は事前に収録されたとみられ、そのまま放送した同局の体制や責任を問う声も多く投稿された。

 北海道アイヌ協会の大川勝理事長は「こんな発言が全国放送の番組で流れるなんて、誠に残念だ」と憤った。「テレビ局がいまだにこうした表現を使うことは国民の正しい理解を妨げる」とし、13日にも協会幹部が対応を協議する方針。

 日本テレビは「担当者に差別に当たるという認識が不足し、放送前の確認も不十分だった。速やかに再発防止に努める」とコメントした。

 道内で「スッキリ」を放送する札幌テレビ放送(STV)は「大変遺憾であり、日本テレビへはその旨申し入れた。再発防止を厳しく求めていきます」とした。
(原田隆幸、田鍋里奈)

 ■「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」 女性向けウェブマガジンなどを手掛ける制作会社「3ミニッツ」(東京)の作品で、2020年にオンライン配信した。日高管内平取町在住のアイヌ民族の萱野りえさんが、自身の半生やアイヌ文化伝承の取り組みについて、米国フロリダ州の先住民族セミノールを訪ねる旅を交え語る。動画配信サービス「Hulu(フールー)」で特別版を8日から配信中。








アイヌ不適切表現 日テレが謝罪(2021年3月12日配信『NHKニュース』

日本テレビは、12日に放送された情報番組でアイヌの人たちを傷つける不適切な表現があったとして、別の番組のなかで謝罪しました。

この番組は日本テレビの情報番組「スッキリ」で、12日の放送の中で、アイヌ民族の女性をテーマにしたドキュメンタリー作品を紹介したあと、「犬」という言葉を使ったアイヌの人たちに対する差別的な表現がありました。

この放送について、日本テレビはアイヌの人たちを傷つける不適切な表現だったとして、夕方のニュース番組のなかで謝罪しました。
日本テレビ広報部は「担当者に表現が差別に当たるという認識が不足しており、放送前の確認も不十分でした。アイヌ民族の皆さまや関係者の皆さまに深くおわびするとともに、再発防止に努めてまいります」としています。

北海道アイヌ協会の貝澤和明事務局長は「不快で不適切な表現だ。この表現で苦しんできた仲間がたくさんいる。謝罪して終わりではなく、放送に至った経緯や再発防止策をきちんと示すべきだ」と話し、今後の対応を協議しているということです。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ