FC2ブログ

記事一覧

道アイヌ協会、日テレに経緯説明求める 差別表現問題で(2021年3月13日配信『北海道新聞』)

 日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族への差別表現があった問題で、北海道アイヌ協会(札幌)は13日、同局に番組製作の経緯を説明するよう申し入れた。

 同協会は差別表現についてアイヌ民族全体に関わる重大な問題と受け止め、放送前に問題が分からなかった理由などを検証し、回答するよう電話で求めた。同協会の大川勝理事長は「決して許される行為ではない。経緯の説明を含めて、しっかりした対応を求めたい」と話している。

 問題の番組は12日朝に放送された。同局は同日夕方の番組で「不適切な表現だった」と謝罪し、再発防止に努めるとしたが、問題発生の経緯などを検証するかは明らかにしていない。(田鍋里奈)



「このまま終わらせるわけにはいかない」 日テレ「スッキリ」差別表現問題で北海道アイヌ協会が対応協議(2021年3月14日配信『HTB北海道テレビ』)

 日本テレビ系列の朝の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族への差別表現が放送された問題で、北海道アイヌ協会の幹部が13日に緊急に集まり、対応を協議しました。

 情報番組「スッキリ」(北海道内での放送はSTV)で12日午前、アイヌ民族を描いたドキュメンタリー映画を紹介したあと、お笑い芸人がアイヌ民族に絡めたクイズを出し、その答えに差別表現を用いました。

 放送後、SNSなどで「不勉強だ」、「差別表現をそのまま放送する体制に問題がある」など、多くの批判や抗議の声が上っています。

 北海道アイヌ協会の幹部が13日午後に集まり、対応を協議しました。北海道アイヌ協会の大川勝理事長は「憤りを感じ、大変遺憾である。このまま終わらせる訳にはいかないので、きちっとした対応を日本テレビにしてもらいたい」とコメントしました。

 STVはアイヌ民族に関する不適切な内容があったとしたうえで「大変遺憾な事であり、日本テレビに対して再発防止を厳しく求めて参ります」とコメントしています。



アイヌ民族に不適切表現 芸人が謝罪 ドキュメンタリー出演者と面会へ「誠心誠意謝罪の気持ちを」(2021年3月14日配信スポニチアネックス『』)

キャプチャ
お笑い芸人の脳みそ夫

 お笑い芸人の脳みそ夫(41)が14日、自身のツイッターを更新。12日の日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)でアイヌ民族の女性を取り上げたドキュメンタリー番組を紹介した際の「アイヌの方たちを傷つける不適切な表現」について謝罪した。同局は12日の夕方のニュース番組などで謝罪していた。

 脳みそ夫は直筆の書面をアップ。「この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。今回の件で僕の勉強不足を痛感しました。知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」と謝罪。ドキュメンタリー出演者と会う機会を得たといい「誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります」とした。

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーで、ドキュメンタリー「Future is MINE―アイヌ、私の声―」を紹介した後、脳みそ夫が披露した謎かけの中にアイヌ民族を差別する言い回しがあったとして、批判の声が上がっていた。

直筆の書面全文は以下の通り。

 この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。

 今回の件で僕の勉強不足を痛感しました

 知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。

 大変申し訳ございませんでした。

 数日間、事務所の社長やマネージャーと相談をし、色々と考えていました。

 社長のお知り合いのアイヌ民族の研究をされている方にお力添えいただき、ドキュメンタリー作品の出演者の方にお会いする機会をいただきました。誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります。

 許されるなら、これを機にアイヌの皆さんの歴史や伝統、文化を勉強していきたいです。

 僕は笑いを通して歴史を知ってもらいたい気持ちがあり、そういうネタもたくさんあります。今後は僕なりの表現で勉強したことをお伝えできるよう頑張ります。

 本来、僕が紹介していたドキュメンタリー作品「Future is MINE―アイヌ、私の声―」

 是非みなさまに観ていただきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

 脳みそ夫













スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ