FC2ブログ

記事一覧

東京貧困女子…次はオジサンが問題直面の可能性も(2019年8月4日配信『日刊スポーツ』」)

キャプチャ
街に出て取材を重ねる中村淳彦氏(撮影・松浦隆司)

 4月に発売されたノンフィクション「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓(つまず)いたのか」(東洋経済新報社)は、著者の中村淳彦氏(47)の予想を上回る反響を呼んでいます。中村氏の3年に及ぶ女性の貧困ルポは現在、4刷で、コンスタントに売れています。なぜなのでしょうか? 先日、中村氏に話を聞く機会がありました。

 大学時代から20年以上、AV女優や風俗の取材をしてきた中村氏は言います。「06年から07年あたりから日本はおかしくなっているのではないかと…」。風俗界の取材を通じて、うっすらと違和感を抱くようになったそうです。それは長年の取材の蓄積と、肌感覚でしか分からない“異変”でした。

「AV女優は世間へのリスクを背負う分だけ、出演料は高い。かつては100万円くらい簡単に稼げ、一気に富裕層になれた。ところが出演料が急落した。現在、自分の生活を支えられるのは上位の一部だけです。それと大きな“変化”として、AVに出演する普通の人が増えた」

 アダルト産業全体の急激な地盤沈下が進み、出演料は急落。過酷な現実とともに「普通の生活ができない」という層が現れだしたといいます。

「いまはAV業界だけではなく、風俗界は一般女性であふれかえっています」 なぜ、一般女性が? 疑問を抱いた中村氏は東京と近郊に暮らす「貧困女性」の取材を始めました。

 取材した国立大医学部の女子大生は授業が忙しく、バイトを増やすと、勉強する時間がなくなり、留年する危険があります。親からの支援もありません。大学では体育会系の運動部に所属。学費や生活費に困り、短時間で高収入を稼げる風俗に入り、“パパ活”で売春もしています。

「国立大の医学部の女子大生が嫌がりながらも、風俗をやっている。実は彼女だけが特別ではないのです」

 最近、中村氏の風俗取材では当たり前のように現役女子大生が現れるといいます。どちらかと言えば、真面目で普通の女子大生たちが説明する理由は同じです。

「いくら悩んででも、風俗しか選択肢はない」

 他にもギリギリの生活の非正規の図書館司書の女性、2人の子どもを育てるシングルマザー。本書には貧困に苦しみ、風俗に入る多くの女性が登場します。

「貧困と言っても、背景はさまざま。ただ共通しているのは月に3~5万円程度のお金が足りないこと。そして性格が真面目。そんな彼女たちは風俗という選択肢を取らざるを得ないという現実があります」

 貧困の背景として、中村氏は「それぞれの事情だけではない。社会の制度にも問題がある」と指摘し、取材を重ねるうちに「階層ができているんだなと、あらためて認識した。階層が違うと、上の階層の人と下の階層の人との人間関係は、くっきり分かれている。貧しい人たちには有益な情報が入ってこない」と話します。

 本書のもとになった「貧困に喘ぐ女性の現実」は東洋経済オンラインで1億2000万PVを突破する人気連載となっています。

貧困に喘ぐ女性の現実」(東洋経済オンライン)➡ここをクリック(タップ)

 女性の「貧困」をテーマに取材を続ける中村氏ですが、最近は中年男性についての気になるニュースが多いといいます。先日、損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を4000人程度減らす方針であることが分かりました。理由はITを活用し、業務の効率化を進めるためです。大手の銀行でもITを活用した人員削減を急いでいます。

「いまの人手不足の仕事は女性に向いてることが多い。今後、おそらく『東京貧困女子』の下の層に50代でリストラされたオジサンたちは来るかもしれない。次は普通の50代以上の男性が貧困に直面する可能性が高い」。人ごとではない-。そんな思いが頭をよぎりました。

【松浦隆司】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ」)



71oMOHByjoL.jpg

71SVETGtDRL.jpg

81Eli7fwUEL.jpg

816ScEju6aL.jpg

内容紹介
〝その日暮らしは十分できます。
もっと経済的に厳しい人がいるのも十分承知はしています。
けど、ずっとギリギリの生活で、なんの贅沢もしていないのに貯金すらできない。
年齢ばかり重ねて、私はいったいどうなってしまうのだろうって〟

貧困は、経済的な貧しさ、病気、希薄な人間関係、孤独、救済制度の知識不足など、
ネガティブな要素が重なって深刻さが増していく。

特に、家賃が高く、地域の縁が薄い東京暮らしは、躓いて貧困に陥りやすい。

東京の貧困女子の苦境を聞きながら、なんとかならないかと何度も思ったが、
自己責任の言葉は止まらないので、状態はもっと悪化するとしか思えない。

無理解が蔓延する現状ではSOSを出しても、どこにも届かない可能性が高い。

いつ誰が転落するかわからない社会である以上、
貧困女子たちの声は誰にとっても他人事ではないはずだ。

どこかのタイミングで女性から中年男性にシフトチェンジするかもしれない。

私自身、取材で出会った彼女たちと遠くない未来の自分の姿がダブって怖くなった。
***
奨学金という名の数百万円の借金に苦しむ女子大生風俗嬢、
理不尽なパワハラ・セクハラが日常の職場で耐える派遣OL、
民間企業よりもひどい、まじめな女性ほど罠に陥る官製貧困、
明日の生活が見えない高学歴シングルマザー…。

貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き続けたノンフィクション。

東洋経済オンライン1億2000万PV突破の人気連載、待望の書籍化!

いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。

著者について
中村 淳彦(ナカムラ アツヒコ) ノンフィクションライター
 大学時代から20年以上、AV女優や風俗、介護など、貧困という社会問題をフィールドワークに取材・執筆を続けているノンフィクションライター。
 自分の価値観を持ち込むことなく、彼女たちが直面している現実を可視化するために、親からの虐待、精神疾患、借金、自傷、人身売買など、さまざまな過酷な話に、ひたすら耳を傾け続けている。
 著書に『AV女優消滅』(幻冬舎)、『崩壊する介護現場』(ベストセラーズ)、『日本の風俗嬢』(新潮社)、『女子大生風俗嬢』(朝日新聞出版)など多数。代表作に『名前のない女たち』シリーズ(宝島社)があり、劇場映画化される。本書のもととなる東洋経済オンラインの連載「貧困に喘ぐ女性の現実」は1億2000万PVを超える人気を博している。

アマゾン➡ここをクリック(タップ)





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ