FC2ブログ

記事一覧

手話で“感謝の歌” 卒業生「旅立ちの日に」披露 常陸大宮・大宮小(2021年3月20日配信『茨城新聞』)

キャプチャ

キャプチャ2

 手話で「旅立ちの日に」を披露する常陸大宮市立大宮小の卒業生=同市北町手話で「旅立ちの日に」を披露する常陸大宮市立大宮小の卒業生=同市北町

 茨城県内の約4割に当たる202校の小学校で19日、卒業式が行われた。常陸大宮市北町の市立大宮小学校(小池浩一(ひろかつ)校長)では、卒業生48人が、手話で卒業ソングの定番「旅立ちの日に」を披露し、先生たちや家族に感謝を伝えた。

 例年、卒業生は式の2部で合唱を披露してきたが、今年は新型コロナ感染防止により歌えないため、実行委員らが手話による発表を企画した。インターネットで調べ、動画を見ながら毎朝練習し、音楽の授業では互いに教え合い、この日に臨んだ。

保護者や在校生代表の5年生が見守る中、静かに表現した。校歌が皆で歌えないなど、1年間我慢し、不安と制限が多い学校生活だったためか、卒業生は教室に戻ると感極まっていた。

 卒業式を終え、益子成美さん(12)は「6年間の感謝を込めた」、豊川暖真(はるま)君(同)は「みんなで心を一つにできた」と振り返った。

 小学校の卒業式はこの日までに大半が終了し、このほかは22日に58校、23日に88校が予定されている。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ