FC2ブログ

記事一覧

日テレ社長謝罪「誠に恥ずべき」スッキリ不適切表現(2021年3月22日配信『日刊スポーツ』)

キャプチャ

日本テレビが22日、東京・汐留の同局で、社長定例会見を行った。

キャプチャ2

小杉善信社長が12日放送の「スッキリ」(月~金曜午前8時)であったアイヌ民族への不適切な表現について謝罪した。

小杉社長は「日本テレビではアイヌ民族の皆様、関係各方面の皆様に深くおわび申し上げます」。

そして制作に当たった担当者がアイヌ民族への差別意識について欠如していたといい、「大変申し訳ありませんでした」と立ち上がって頭を下げて謝罪した。

原因について「理解が足りていなかったことに尽きます」と説明した。

担当の社員プロデューサーは、同局の考査部門に相談するか迷ったが失念し、放送に至ったという。小杉社長は「誠に恥ずべき今回の放送過程であります」。

当該局員の処分については「社内規定に則って厳正に処分をしたいと思います」とした。

問題となったのは、動画配信サービスの作品紹介コーナー。番組マスコットキャラクターの着ぐるみを着た、お笑い芸人脳みそ夫(41)が、アイヌ女性のドキュメンタリー作品「Future is MINE-アイヌ、私の声-」を紹介した際に差別的な言い回しを含む謎かけを行った。

その後、同局は番組内などで謝罪した。



情報番組でアイヌ民族に差別的表現 日テレ社長が謝罪 接待は「不適切活動ない」(2021年3月22日配信『産経新聞』)

キャプチャ
日本テレビ=東京・港区東新橋 (本社ヘリより、寺河内美奈撮影)

 日本テレビの小杉善信社長は22日の定例会見で、今月12日に放送された情報番組「スッキリ」でアイヌ民族に対する差別的表現があったとして謝罪した。制作担当者に「放送した言葉が直接的な差別表現であることの認識が欠如していた」と述べ、今後再発防止策をまとめるとしている。

 12日の放送の中では、アイヌ民族の女性を取り上げたドキュメンタリー番組を紹介した後、出演者が謎かけを披露。その中にアイヌ民族を差別する言い回しがあった。

 該当部分は事前収録のため、制作を担当した日本テレビの社員プロデューサーは考査部門への相談を考えたが、失念してそのまま放送されたという。小杉社長は「『これはまずいぞ』というそのへんのアンテナが極めて鈍感であったというふうに言わざるを得ない」と話し、「恥ずべき制作過程」とした。

 また、総務省幹部が放送事業会社「東北新社」などから接待を受けていた問題に関する質問に対しては、小杉社長は「取材、あるいは意見交換という形で総務省に限らず、他の省庁、政党であったり、あらゆる事業者の色々な方とお会いし、さまざまな形で取材、意見交換などをしている」と説明。「個別具体的な話は控える」としたが、「日本テレビの役職員が不適切な活動をしているということは全く承知していないし、そういう事実もない」と語った。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ