FC2ブログ

記事一覧

河井克行元法相が買収認める 被告人質問で主張一転 東京地裁(2021年3月23日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
東京地裁に入る河井克行被告=東京都千代田区で2021年3月23日午前9時21分(代表撮影)

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた元法相で衆院議員の河井克行被告(58)は23日、東京地裁(高橋康明裁判長)で始まった被告人質問で、地方議員らへの選挙買収を認めた。初公判から一貫して無罪を訴えていたが、主張を一転させた。【遠山和宏、巽賢司】

 克行議員は20年8月の初公判で「投票や票のとりまとめを依頼する趣旨ではない」と無罪を主張し、妻の案里元参院議員(47)とともに全面的に争う姿勢を示していた。案里元議員は1審で有罪判決を受け、控訴せずに議員辞職している。克行議員も議員辞職する意向を周囲に示したことが明らかになっており、被告人質問では、この点にも言及する可能性がある。

 克行議員は被告人質問で、広島県の地方議員や後援会関係者らへの現金供与について「妻の河井案里の当選を得たい気持ちが全くなかったとは言えない。全てが買収のみの目的であったわけではないが、全般的に選挙買収を争うことはしない」と述べ、買収の大半を認めた。案里元議員との共謀については否定した。

 今月3日に保釈された克行議員は23日、紺のスーツに水色のネクタイで、地裁の庁舎に入った。冒頭、克行議員は証言台の前に座って、「裁判長、おはようございます」とあいさつし、弁護人の質問に対して、事件について語り始めた。

 起訴状によると、克行議員は案里元議員が立候補した参院選前後の19年3~8月、地方議員ら100人に約2900万円を渡したとされる。克行議員側は現金を供与したこと自体は大筋で認めており、案里元議員への票のとりまとめを依頼する報酬だったかどうかが焦点だった。

 これまでに証人出廷した地方議員や後援会関係者らは「買収の趣旨だと感じた」と相次いで検察側の主張に沿う証言をした。一方の弁護側は、地方議員に対しては同年4月に行われた統一地方選の当選祝いや陣中見舞い、後援会員や陣営関係者に対しては手間賃などとして渡したと訴えていた。

 ただ、未解明な点は多い。参院選前に自民党本部から夫妻側に振り込まれた計1億5000万円の選挙資金との関連は、被告人質問のポイントになりそうだ。同じ自民から立候補し落選したライバル候補の10倍の規模で、大規模買収の原資になっていたのではないかとの見方がある。



法廷で議員辞職の意向示す 「買収罪争わない」河井元法相(2021年3月23日配信『TBS系(JNN)』)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4


キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

 元法務大臣の河井克行被告(58)の裁判で、23日から被告人質問が始まり、河井被告は「地元議員らへの買収罪の事実は争わない」と無罪主張から一転、起訴内容の大半を認めました。東京地裁前からの報告です。

 議員バッヂを付けて出廷した河井被告は、初公判から一転して買収の罪を認めた一方で、衆院議員を辞することとしたと表明しました。

 河井克行被告はおととしの参院選で、妻の案里元被告(47)を当選させるため地元議員ら100人に現金あわせて2900万円を渡し買収した罪に問われています。

 被告人質問で、弁護側から起訴内容について問われると、河井被告は地元議員への現金提供を認めたうえで、「あからさまに投票依頼はしていないが、妻・案里の当選を得たいという気持ちが全く無かったとは言えない」とし、「買収罪の事実を争うことは致しません」と無罪を主張した初公判から一転、起訴内容の大半を認めました。

 一方、案里元被告と共謀したとされる地元議員への現金提供については、「事実に反するため、無罪を主張します」としました。被告人質問は、来月9日まで予定されています。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ