FC2ブログ

記事一覧

河井元法相 起訴内容の大半認める 議員辞職意向も 買収事件で(2021年3月23日配信『NHKニュース』)

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

公職選挙法違反の買収の罪に問われている河井克行元法務大臣は23日から始まった被告人質問で「妻の当選を得ようという気持ちがなかったとは言えない」と述べ、これまでの無罪の主張を一転させ、起訴された内容の大半を認めました。そのうえで、議員を辞職する意向を示しました。

元法務大臣の河井克行被告は(58)、妻の案里元議員(47)が初当選したおととしの参議院選挙で現金を配ったとして公職選挙法違反の買収の罪に問われています。

23日から東京地方裁判所で始まった被告人質問の冒頭で、河井元大臣は「全般的に選挙買収を争うことはしない。妻の当選を得ようという気持ちがなかったとは言えない」と述べ、これまでの無罪の主張を一転させ、起訴された内容の大半を認めました。

元大臣はひと言ずつことばを選びながら、ゆっくりと落ち着いた様子で、起訴内容を認めることにした経緯について話し、「多くの皆様に迷惑をかけ、逃げることなく、認めるべきことは認めることが長年支えてくれた支持者に対する私なりの政治家としての責任だと考えるに至った。国政選挙の信頼を損なうことをしてしまい、深く反省している」と述べました。

さらに弁護士から「議員としての出処進退をどうお考えか」と尋ねられると、15秒ほど沈黙した後、背筋を伸ばし、「衆議院議員を辞することとしました」と述べました。

一方で、「妻と共謀した事実は一切ありません」と述べたほか、一部の事務所スタッフなどへの現金の提供については、買収に当たらないとして引き続き争う姿勢を示しました。

広島市民からは「辞職は当然」の声が相次ぐ


河井克行元法務大臣が23日の裁判で、無罪の主張を一転させて起訴された内容の大半を認めたうえ、議員辞職の意向を表明したことについて、広島市の市民からは辞職は当然だとする声が相次ぎました。

この中で、70代の女性は「ここにきて覆すのであれば、最初から説明してほしかったですし、本当に腹立たしいです。議員辞職は当たり前だと思います」と話していました。

また、起訴された内容の大半を一転して認めたことについて、40代の女性は「なぜ今になって変わったのかわからず、最初から素直に認めてほしかったです。不信感しかありません」と話していました。

また、63歳の男性は「政治家のことなので一転して認めたことに驚きはありません。世の中の流れからして方向転換しないといけないという窮地の選択ではないか」と話していました。

自民 佐藤総務会長「議員辞職は当然 罪は償うべき」

自民党の佐藤総務会長は、記者会見で「罪を認めているところもあるということなので、議員辞職は当然ではないか。私は河井元大臣と同期なので、いろいろ複雑な思いはあるが、やはり行ったことに対する罪は償うべきではないか」と述べました。

立民 安住国対委員長「遅きに失した 説明責任を果たしていない」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、NHKの取材に対し「遅きに失したと思う。本来であれば説明責任を果たした上での議員辞職であるべきだ。国会でも一切説明をしておらず、こういう辞職のしかたは納得がいかない。自民党総裁としての菅総理大臣にも説明責任が及ぶことになる」と述べました。



逮捕後 河井夫妻に支払われた国費 計4600万円に(2021年3月23日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

衆議院事務局によりますと、衆議院議員には給与にあたる「歳費」として月103万5200円が支給されるほか、ボーナスにあたる年2回の「期末手当」や、月100万円の「文書通信交通滞在費」が国から支払われます。

23日、議員辞職の意向を表明した河井克行元法務大臣には、逮捕された去年6月から23日までに「歳費」「期末手当」「文書通信交通滞在費」合わせておよそ2400万円余りが支払われた計算になります。

また先月、有罪判決が確定し、当選無効になった妻の案里・元参議院議員には、およそ1年半で「歳費」など4900万円余りが支払われ、去年6月の逮捕以降にはおよそ2200万円が支給されました。

河井夫妻は、逮捕されてから1度も国会に出席しませんでしたが、その間、夫妻には合わせておよそ4600万円の国費が支払われた計算になります。

国が歳費などの返納を求めたり、勾留中の歳費を凍結したりする法律の規定はなく、総務省選挙課によりますと、公職選挙法は現職の国会議員が国や地方自治体を含めて「当該の選挙区内にある者」に寄付することを禁じているため、歳費や期末手当を国庫に自主返納することもできないということです。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ