FC2ブログ

記事一覧

菅人脈また接待漬け!“官邸のスパイ”次官が利害関係者から(2021年3月23日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
藤原誠文科次官のあだ名は「官邸のスパイ」

 ヨレヨレの菅政権にダメ押しとなるか。農水省の鶏卵汚職、総務省の違法接待問題に続き、文科省でも接待攻勢によって行政が歪められた疑惑が浮上。22日の「しんぶん赤旗」がスッパ抜いた。疑いの目を向けられているのは、安倍政権末期に文科副大臣を務めた自民党の亀岡偉民復興副大臣、それに藤原誠文科次官だ。官邸に大打撃となる可能性がある。

■2015年から19年末にかけて会食14回

 赤旗によると、亀岡氏と藤原氏に繰り返し接待していたのは学校法人「豊栄学園」(宮崎県三股町)の清水豊理事長ら。2015年から19年末にかけて少なくとも計14回会食し、学園側が支払った総額は約95万円に上るという。私大支援やJAXA事業をめぐる汚職事件で当時、文科省は大揺れだったのに、お構いなしだ。文教族の亀岡氏が文科副大臣だった19年11月の会食では計8万4000円が支払われ、藤原氏は官房長時代の15年11月と17年11月にゴチになったという。

 学園が疑いようのない利害関係者である点も大問題だ。文科省は18年4月に学園が経営する都城東高校を「教育課程特例校」に指定し、20年2月には私立高の産業教育施設を整備するための補助金約2400万円の交付を決定している。ちなみに、都城東高は偏差値50割れの底辺校だ。

 亀岡氏の国会事務所に事実関係を問い合わせると、「質問はファクスで送ってください」とのこと。質問状を送付したが、期限までに回答はなかった。

キャプチャ
「ドカベン」のモデルを自称する亀岡偉民復興副大臣(C)日刊ゲンダイ

藤原文科次官は異例の定年延長3回

 疑惑の接待時期は安倍政権下ではあるものの、菅政権にもダメージが及ぶのは必至。というのは、藤原氏は「官邸のスパイ」とあだ名されるほど、政権中枢にベッタリなのだ。

「藤原次官は菅首相の懐刀である和泉洋人首相補佐官に非常に近い。加計学園問題で官邸に弓を引いた前川喜平元文科次官を慕う省内の抵抗勢力を排除するため、官邸の意向による異例の大抜擢で18年10月に事務方トップに就いた。霞が関イチのイエスマンですよ。3月末にこれまた異例となる3回目の定年延長をし、次官を続投するとみられています」(霞が関関係者)

 前川氏は著書「面従腹背」で、こう書いている。

〈藤原教育局長からショートメールで、「和泉さんから話を聞きたいと言われたら、対応される意向はありますか?」と送られてきたのです〉

「藤原教育局長」は藤原次官、「和泉さん」とは言うまでもなく和泉補佐官のことだ。亀岡氏はもちろん、ヒラメ官僚も国会で説明させる必要がある。

キャプチャ



本紙スクープ;文科省接待の記録(2021年3月23日配信『しんぶん赤旗』)

亀岡副大臣(当時)・次官らを複数回
豊栄学園 補助金2400万円


 学校法人「豊栄(ほうえい)学園」(宮崎県三股町)が、前文部科学副大臣の亀岡偉民(よしたみ)・復興副大臣(自民党衆院議員)と藤原誠・文科事務次官を、2015年から19年にかけて繰り返し接待したとする記録を本紙は21日までに確認しました。文科省は20年、同学園に約2400万円の施設整備費補助金を決定しています。行政がゆがめられたことはないか、解明が求められます。(丹田智之)

キャプチャ2

キャプチャ
豊栄学園(清水豊理事長)が経営する都城東高校=宮崎県三股町

 本紙が確認した記録によると、同学園の清水豊理事長らが亀岡氏と15年から19年末まで東京都内と宮崎県内で、少なくとも計14回会食などをしています。学園側が支払った総額は約95万円にのぼります。会食の場所は都内の高級焼き肉店など。1回の1人あたりの金額は約1万~2万8千円になる計算です。

 亀岡氏が文部科学副大臣だった期間にも会食の記録があります。19年11月に清水理事長と亀岡氏、宮崎県幹部の出席で、同学園から計8万4千円が支払われたことになっています。

 藤原氏は、官房長だった15年11月と17年11月に、亀岡氏と同席し会食した記録があります。藤原氏は事務次官になってからも亀岡氏、学園側と複数回会ったと記されています。

 文科省は18年4月、同学園が経営する都城東高校を、「教育課程特例校」に指定しています。20年2月には、私立高校の産業教育施設を整えるための補助金約2400万円の交付を決定しています。

 人事院によると、特例校に指定されている期間や、補助金を申請しようとしている期間から補助金事業が完了するまで、同学園は「利害関係者」となります。

 閣僚、副大臣などの規範を定めた「大臣規範」は、関係業者から接待を受けるなど「国民の疑惑を招くような行為をしてはならない」と定めています。また国家公務員倫理規程は、官僚が利害関係者から接待を受けることを禁じています。

 本紙の取材に豊栄学園の担当者は、国会議員や官僚らとの会食について、「理事長としては『これは今後のためになる』ということであれば、会うことは何の問題もない。学校のためになるとなれば、学校の経費から出す」と説明。亀岡氏らとの会食費用については「(個別の会食について)言うことはできない」としました。

 亀岡氏は、清水理事長とのたび重なる会食について「割り勘とか言ったりして、私が半分は出して、いつも交代、交代で昔から(会食を)やっている仲ですから」と主張。「一方的にごちそうになったことはない」と語り、接待ではないとの認識を示しました。

 藤原氏は、会食には亀岡氏の招待で出席したとして「行ったら、そこに(清水理事長が)いらっしゃったということ。(飲食代は)亀岡先生の負担だと聞いていた。文科省に届け出はしていない」と述べ、費用の支払いをしていないことを認めました。



総務省に続いて…文科副大臣、事務次官に高級焼き肉接待「金額は一般庶民とかけ離れている」(2021年3月23日配信『東スポWeb』)

キャプチャ
萩生田文科相

 今度は文部科学省幹部への「高級焼き肉接待」が浮上している。

 亀岡偉民復興副大臣(65)が2015年から19年にかけ、文科副大臣在任中に文科省の藤原誠事務次官と学校法人「豊栄学園」(宮崎県三股町)の清水豊理事長らと複数回の会食に同席していたとことが23日までに報道された。

 萩生田光一文科相(57)は同日の会見で同問題について、利害関係者からの接待を禁じる国家公務員倫理規程に抵触しているか否かを含め、事実関係の調査をスタートさせた。

 藤原氏は官房長だった時、亀岡氏に呼ばれて赤坂で行われた会合に途中から参加。出席者と名刺交換すると、相手が清水理事長だったという。費用は亀岡氏が「自分が招待しているから自分が払う」といい、亀岡氏側が負担したという。

 同学園は国からの補助金を受ける学校法人。同学園側が利害関係者に該当するかについて萩生田氏は「ケース・バイ・ケース」と話すにとどめた。

 菅義偉首相(72)の長男で衛星放送関連会社、東北新社に勤務する菅正剛氏らによる総務省幹部への接待問題では、内閣広報官を辞職した山田真貴子氏が、総務審議官時代に正剛氏から1回当たり7万円を超える飲食の接待を受けている。

「豊栄学園は亀岡氏と15年から19年までの5年間、都内と宮崎県内で少なくとも、14回会食しています。学園側が支払いは95万円以上。舞台の高級焼き肉店は、1人あたり最高で30000円だといいます。一般庶民の焼き肉感覚とは、相当かけ離れています」(野党関係者)

 立憲民主党は24日の衆議院文科委員会で亀岡氏と藤原氏の接待問題を追及する方針だ。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ