FC2ブログ

記事一覧

元リコール事務局の家宅捜索受け 河村市長「今回のことは事務局が主体的にやらないとできない」(2021年3月24日配信『メ〜テレ(名古屋テレビ)』)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10

キャプチャ11

キャプチャ12

キャプチャ13

キャプチャ14

キャプチャ15

キャプチャ15-1

愛知県の大村知事のリコールを求める運動で、大量の不正とみられる署名が見つかった事件で24日、警察は、リコール運動の事務局があった建物を家宅捜索しました。


「大村知事のリコールの会の事務所があったビルに愛知県警の捜査員が入っていきます」(記者 24日午後2時ごろ)

 24日午後、愛知県警は“知事リコール運動”の事務局があった建物を家宅捜索しました。

 撤去直前の事務局の中の様子です。事務局の関係者によりますと、1階と2階を使って、経理事務や集めた署名簿の一時的な保管、受任者を募集するハガキの発送などを進めていたということです。

 運動の終了に伴い、事務局は今年1月、撤去されています。

 家宅捜索では、事務局の建物の構造を調べたほか、指紋採取など鑑識活動を中心に行われました。

田中事務局長は「今後、捜査協力の依頼があれば対応する」とコメント
事務局があった建物に家宅捜索に入る愛知県警の捜査員(24日午後2時ごろ)

 リコール運動は、高須克弥院長らが中心となり、名古屋市の河村たかし市長も「応援団」として参加していました。

 しかし、選挙管理委員会に提出された署名の約8割が無効となり、大規模な署名偽造の疑惑が浮上。愛知県警が捜査しています。

 リコールの事務局側は、これまで一貫して疑惑への関与を否定してきました。

「具体的に指示したか、知りません。佐賀の業者はどうか知りません。発注書を出しているか、出していません。契約もしていません。」(リコール事務局 田中孝博事務局長 2月の会見)

 今回の家宅捜索を受けて、田中事務局長は24日、「今後、こちらに捜査協力の依頼があれば対応させていただきます」とコメントしています。

家宅捜索受け河村市長、大村知事が発言
撤去される前のリコール事務局の内部(名古屋市東区 2021年1月撮影)

 今回の家宅捜索を受けて、名古屋市の河村市長はー

「粛々としっかりと厳しく捜査を進めてほしい、なるべく早く。今回のことは、事務局が主体的にやらないことには出来ないので。金と組織もそうだが。」(名古屋市 河村たかし市長 24日)

 一方、大村知事はー

「事実関係を捜査当局は、しっかりと法と証拠に基づいて厳正に処断をしていただきたい。なんといっても事実関係の解明をしていただきたい。心から願いたい」(愛知県 大村秀章知事 24日)

 警察は、署名の偽造などを禁じる地方自治法違反の疑いで調べています。

(3月24日放送 メ~テレ「アップ!」)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ