FC2ブログ

記事一覧

都の変異株100万人あたり1.3件の異常 検査拡大も周回遅れ(2021年3月24日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
都は「市中感染は確認されていない」の一点張り(23日、東京・中目黒の桜を見に繰り出した人々。小池百合子都知事=左

〈東京ではなぜか変異株が少ない〉〈東京の変異株数が、3府県より少ないのは少し異様〉――。都内で確認されている新型コロナウイルスの変異株を巡り、ネット上では疑問の声が噴出している。全国各地で“雨後のたけのこ”のように確認されている変異株が、東京はやたら少ない。都は変異株の検査件数を増やす方針だが、全国から大幅に後れを取っている。

 23日の都内の新規感染者数は337人。7日間平均の前週比は11日連続で増加した。感染再燃の背景に変異株が潜んでいる可能性があるのに、都は「市中感染は確認されていない」の一点張り。しかし、他府県と比較すると、変異株の確認件数は不自然なほど少ない。

 都が独自に確認した変異株は23日までに計18件。人口100万人あたりに換算すると、わずか1.3件に過ぎない。同じく埼玉は8.6件、千葉と神奈川が5.9件。都は周辺3県より少ない上、大阪(20.3件)や兵庫(17.9件)とは、1ケタも違う。人口も感染者数もはるかに多いのに、変異株だけが異常に少ないとは、都が実態を把握できているのか疑問の声が出てきて当然だ。

都の担当者は「検査数が低いとは考えていない」と強気

 変異株を見つけるスクリーニング検査の実施件数が少ないことも、不安に拍車をかけている。

 厚労省が17日に公表した「変異株スクリーニング検査の実施状況」(1~7日)に基づき検査率を計算すると、都はわずか2.69%。民間の検査会社による検査件数を合わせても、9.83%にとどまる。埼玉(20.53%)や大阪(33.02%)、兵庫(44.03%)に比べ圧倒的に低いのだ。

 小池都知事はスクリーニング検査について「4月上旬に25%にし、さらに早期に40%を目指す」と言うが、すでに40%超えの地域もある。本来なら感染者数の多い都こそスクリーニング検査を率先して徹底すべきなのに、すっかり周回遅れだ。

 検査率が低い理由を都に問い合わせると、「民間の検査件数と合わせて10%前後の検査率を達成しており、低いとは考えていない」(感染症対策部計画課)と、何とも強気な返事。今後の検査拡大については、「複数の民間の検査会社にスクリーニング検査のノウハウの習得を依頼している」(同)と回答した。

 担当者は「都内各地からランダムに検体を提出してもらう中で、変異株が続出していないのは事実」(同)とも強調するが、感染者が増加傾向にあることも事実だ。

 小池都知事は緊急事態宣言が解除された22日から、「自分や家族の命、健康を守るリバウンド防止期間」と呼び掛けている。“飲食店いじめ”にシャカリキになる前に、スクリーニング検査拡大に必死になったらどうか。

キャプチャ2
関西はやたら多い(大阪の吉村洋文府知事=左)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ