FC2ブログ

記事一覧

点字や手話普及へ条例化要請 佐賀市議会委員会、市長に(2021年3月25日配信『佐賀新聞』)

キャプチャ
情報コミュニケーション条例の早期制定を秀島敏行市長(右から3人目)に求めた佐賀市議会文教福祉委員会の関係者ら=市役所

 佐賀市議会文教福祉委員会(池田正弘委員長)は23日、点字や手話など障害に応じた意思疎通手段の普及につなげる「情報コミュニケーション条例」の早期制定を秀島敏行市長に要請した。秀島市長は前向きに検討する方針を示した。

 市聴覚障害者協会などから手話言語条例の制定を求める要望書が2019年に提出されたことを受け、先進地視察、障害者団体への聞き取りなどの調査を進めてきた。池田委員長、川原田裕明議長から報告を受けた秀島市長は「提案があったことは取り組んでいかなければならない」と答えた。制定時期に関しては「新型コロナウイルスのワクチン接種などをやらなければならず、時間的な配慮をいただければ」と述べた。

 終了後、池田委員長は「今の状況からすぐとはいかないが、24年の国民スポーツ大会と全国障害者スポーツ大会に間に合えば」と話した。(大田浩司)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ