FC2ブログ

記事一覧

園児ら、手話と歌でエール パラ陸上応援動画撮影 高松市、心のバリアフリー醸成へ(2021年3月26日配信『四国新聞』)

キャプチャ
mimikaさん(後列左から3人目)と一緒に手話を交えて元気よく歌う園児たち=高松市屋島西町、屋島こども園

高松市で来月開催される障害者陸上の「ジャパンパラ陸上競技大会」に出場する選手たちにエールを送ろうと、市が地元の園児らによる応援動画の制作を進めている。



キャプチャ

ジャパンパラ競技大会とは、日本障がい者スポーツ協会と競技団体が共催して開催する、日本国内最高峰のパラスポーツ競技大会です。

陸上競技や水泳などの個人競技では参加標準記録を設けており、大会に参加するためにはその記録を突破しなければなりません。参加者は日本国内のアスリートに限定しておらず、海外選手が参戦することもあります。
大会の記録は国際の公式記録としても認定される、日本国内では数少ない国際公認大会です。

車いすラグビーやゴールボールなどの団体競技では、世界の強豪チームを招き、日本チームの国際競技力向上を目的とした国際大会をおこなっています。世界の強豪チームのプレーを日本国内で目にすることのできる数少ない大会です。

公式サイト➡ここをクリック



高松市でジャパンパラ陸上開催へ 園児とmimikaさんが「手話を使った応援動画」を撮影(2021年3月24日配信『KSB瀬戸内海放送』)


高松市でジャパンパラ陸上開催へ 園児とmimikaさんが「手話を使った応援動画」を撮影

 東京パラリンピックの出場権獲得にもつながる「ジャパンパラ陸上競技大会」が4月、高松市で開かれます。

 出場選手に向け、園児たちが手話を使った応援動画の撮影が行われました。

キャプチャ
動画撮影の様子
 手話の振り付けに合わせて合唱したのは、高松市の屋島こども園の園児25人です。

キャプチャ2
シンガーソングライター・mimikaさん

 シンガーソングライター・mimikaさんと高松南高校の生徒が作詞作曲を担当しました。

(参加した園児は―)

キャプチャ3
参加した園児

「歌を歌うところが楽しかった。言葉のバリアフリー(手の動き付き)」

「手話の輪って、こうやって(手を上に)するところが楽しかった」

キャプチャ4
シンガーソングライター/mimikaさん

「子どもたちだからこそ伝えられるパワーとか、かわいさとか、メッセージっていうのがやっぱりあると思うので、今回もしっかりみんなが伝えてくれたので、選手の皆さんの背中を押せるようなメッセージになったかなと思います」

 ジャパンパラ陸上は4月24日と25日に屋島レクザムフィールドで行われます。応援動画は、大会当日に会場で流すほか市のホームページでも公開します。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ