FC2ブログ

記事一覧

車いすダンサーの迫力ある表現見て あす、あさって池袋のシアターウエストで公演(2021年3月26日配信『東京新聞』)

キャプチャ
「インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響−Kyo」の前回公演の様子(青木司さん撮影

 車いすのダンサーがその動きを生かして健常者のダンサーと多様な身体表現に取り組む団体「インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響−Kyo」が27、28の両日、豊島区の東京芸術劇場シアターウエストで公演する。 (神谷円香)

 昨年10月には横浜ラポールでの公演を無観客で行い、「障害のあるダンサーとの表現を多くの人に見てもらいたい」と、ユーチューブで無料配信した。緊急事態宣言の解除に伴い、今回は観客数を制限せずに公演する。27日は午後6時、28日は午後3時開演で全席自由。

 チケットは前売り3500円、当日4000円。学生・障害者は500円引き。チケットの申し込みは、事務局の「ミューズ・カンパニー」ウェブサイトの公演案内にある申し込みフォーム、またはメール=MuseKK@aol.com 

 問い合わせはミューズ・カンパニー=電03(6426)5182=へ。



キャプチャ

【Integrated Dance Company 響-Kyo 第8回定期公演】

日時:2021年3月27日(土)、28日(日)
会場:東京芸術劇場シアターWEST
振付:倉田翠 横山彰乃

入場料

前売り/一般 :3500円
前売り/学生・障害のある人 :3000円
当日:4000円
有料配信:2000円
*有料配信について、詳細は後日発表いたします

振付家プロフィール:

倉田翠

1987年生まれ。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。3歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。京都を中心に、演出家・振付家・ダンサーとして活動。作品ごとに自身や他者と向かい合い、そこに生じる事象を舞台構造を使ってフィクションとして立ち上がらせることで「ダンス」の可能性を探求している。2016年より、倉田翠とテクニカルスタッフのみの団体、akakilike(アカキライク)の主宰を務める。

横山彰乃
長野県の山奥にて、幼少期よりモダンダンスを始める。2009年より東京ELECTROCK STAIR中心メンバーとして国内外の全作品に出演。2016年、lal banshees(らばんしーず)立ち上げ。ストリート・モダンダンステクニックをベースとしながら、囚われず派生する身体の動きに着目し、独特のムーヴメントを目指す。これまでに、敢えて女性の身体に絞り中性的で音と動きの関係性が深い作品を発表。ソロ作品で、横浜ダンスコレクション2020コンペティション1 審査員賞とポロサス寄付基金Camping2020賞を受賞。

公式FB➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ