FC2ブログ

記事一覧

河井事件黒幕は安倍氏と二階氏?ヤクザ幹部“アサ芸砲”告発(2021年3月26日配信『日刊ゲンダイ』)

キャプチャ
(左から)河井案里元被告、安倍前首相と二階自民党幹事長(C)日刊ゲンダイ

 やっぱり、黒幕は安倍前首相だったのか――。永田町で今、「文春砲」ならぬ「アサ芸砲」が話題となっている。

 4月1日号の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)で、2019年7月の参院選広島選挙区をめぐる大規模買収事件について、地元ヤクザ組織の最高幹部が事件の舞台裏について実名“告発”しているからだ。

 この大型買収事件をめぐっては、公職選挙法違反の罪で起訴された元法相の河井克行被告(58)がこれまでの公判で無罪を主張し、徹底抗戦を続けてきたものの、23日になって突然、罪を認め、議員辞職を表明。一緒に起訴された妻・案里元被告(47)は2月に一審の有罪判決が確定して参院議員を辞職している。これを受け、事件の舞台となった参院広島選挙区では4月25日、案里元被告の失職による再選挙が実施される予定だ。

<現役広島ヤクザ最高幹部が『河井案里事件』の闇関与を激白!>と題したアサ芸の記事によると、事件の舞台裏を激白していたのは、三代目侠道会の弘田時秀相談役。弘田相談役によると、19年7月の参院選前、広島・福山市の本社を置く企業グループの名誉会長(故人)から、「溝手顕正参院議員(当時)のスキャンダルを探してほしい。何かないか」と聞いてきたという。

 故人は誰に依頼されたのかは言わなかったものの、弘田相談役は「ワシは広島の県会議員あたりじゃないかと。その先には二階(俊博・自民党幹事長)がいたんじゃないかと思っとります。案里は二階派でしょう。そして二階は幹事長として自民党の選挙の実権とカネを握っているわけだから」と語り、さらに事件に至った背景としてこう持論を展開しているのだ。

「河井事件の根本にあるのは、安倍の溝手(顕正)嫌い。単なる人間の好き嫌いです。そこに自民党の派閥争いが加わり、この広島に持ち込まれた。日本政治の恥部であり、広島県民の私からすればいい迷惑」

 いやはや、この“告発”通りであれば、安倍前首相の単なる好き嫌いのために1億5000万円もの血税が投じられ、違法選挙が行われていたことになる。弘田相談役に名指しされた安倍前首相はもちろん、事件について「他山の石」などと他人事のように話していた二階幹事長の説明責任は免れないだろう。



キャプチャ

政界・財界との「一蓮托生」を実名告発 現役広島ヤクザ最高幹部が「河井案里事件」の闇関与を激白!三代目侠道会・弘田時秀相談役「溝手顕正のスキャンダルを探せ」と依頼され…





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ