FC2ブログ

記事一覧

車いす2議員初の直接投票 予算採決、新設スロープで(2021年3月26日配信『東京新聞』)

キャプチャ
新設されたスロープを使い参院本会議で投票したれいわ新選組の舩後靖彦氏(中央)=26日午後


 2021年度予算案を記名で採決した26日の参院本会議で、車いすを使う議員2人が登壇し、初めて直接投票した。今国会から新設されたスロープを活用。これまでの記名投票は参院職員に委託していた。重い障害のあるれいわ新選組の舩後靖彦氏らは連名で「憲政史上初で画期的だ。障害や難病のある議員にとっても意味あるものだ」とのコメントを発表した。

 立憲民主党の横沢高徳氏もスロープで壇上に上がり、舩後氏とともに反対票を投じた。同様に車いすを使っているれいわの木村英子氏は欠席した。


キャプチャ


2021年3月26日
関係各位
参議院議員 横沢高徳
参議院議員 木村英子
参議院議員 舩後靖彦

参議院本会議場のスロープ設置と記名投票実現にあたって

日頃、大変お世話になっております。

さて本年1月、参議院本会議場演壇にスロープが設置されました。これまで、記名投票や内閣総理大臣の指名の際は参議院職員に木札を委託して投票しておりましたが、私たち車いすユーザーがスロープを使って演壇に登壇し、投票をできることになりました。これは憲政史上初であり、画期的なことです。私たちにとっても、自分の思いを直接投票できることは、とても感慨深いものがあります。

スロープ設置以外にも、参議院本会議場における施政方針演説や代表質問のインターネット中継時に手話通訳をつける▽玄関の昇降機設置――など、参議院のバリアフリー化は着々と進んでおります。

こうした取り組みは、国会議員の皆様、参議院の皆様、そして何より、国民の皆様のご理解があり、実現することができました。ご尽力いただいた皆様に、心から感謝申し上げます。

国会のバリアフリー化は、現在車椅子を使用している私たち3人だけでなく、他の障害や、足腰が不自由な方、けがをされた方、持病のある方、後に続く障害、難病のある議員にとっても、意味あるものであると考えております。

今後も国会を含め、障害の有無を問わず、だれもが活動できる社会に向けて、取り組んで参ります。


キャプチャ2


キャプチャ
キャプチャ3





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ