FC2ブログ

記事一覧

「私も同じ。大丈夫だよ」「不登校支援は私の使命」 3度の不登校経験を糧に養護教諭に転身(2021年3月28日配信『東京新聞』)

キャプチャ
「子どもたちのありのままを受けとめたい」と語る養護教諭の海老原千紘さん=神奈川県藤沢市で

 小、中学時代に3度の不登校を経験した海老原千紘ちひろさん(27)は昨春、千葉県内の公立中学校で養護教諭として新たなスタートを切った。ある日学校に行けなくなり、頑張って学校に戻っても、また不登校に。学校という場で働く自分の姿が、不登校に悩んでいる子どもたちへのエールになれば、と願っている。(石川修巳)

◆「私は普通じゃない」と悩む子に伝えたい

 養護教諭になる前、海老原さんは、大学病院や緩和ケア病棟で看護師として働いてきた。当時、平日の休みを利用して、自分が中学時代に通ったフリースクールでボランティアを始めたのが、転職のきっかけになった。

 そこには、かつての自分のように「私は普通じゃない」と悩む子どもたちがいた。学校に行っていない罪悪感と将来への不安。海老原さんは自分の経験を語り、「私も同じだよ」と伝えたかったという。

 「私が今やらなきゃいけないのは不登校支援だ、って使命感に駆られて」。看護師を辞めて大学に通い、2020年4月に養護教諭になった。

◆転校しても泣き暮らし「人生終わったな」

 海老原さんが不登校になったのは小学6年の時。卒業間近の2月にあった縄跳び大会で、先生に誤解されてみんなの前で怒られた。「ずっとおなかも痛いし、全部嫌になっちゃって」

 中学校は学区外を選んだけれども、女子の人間関係に悩んで再び不登校に。2年から転入した私立中学校でも、周りに気を使うのに疲れてしまったという。

 当時を振り返ると、「泣くか、寝るかの日々。もう人生終わったなって」。母が心配して、不登校から復学した誰かの話をして励ましても、「その子は普通。でも、私は普通の子じゃないから」と反発した。

◆共感してくれる人に救われた…今度は私が

 転機は、母が見つけた千葉県柏市のフリースクール。そこで出会ったボランティアの女子大学生は「私も学校に行けない時があった」と明かし、「話を聞くよ」とありのままの自分を受け入れてくれたという。

キャプチャ2
フリースクールに通っていた当時、10年後の自分に宛てた海老原さんのメッセージ

 「不登校は、私の中の嫌な部分だと思っていた。でも、共感してくれる人がいるんだと思ったら、すごく救われて」と海老原さん。その後、併設の通信制高校を経て看護大学に進み、今がある。

 この春で養護教諭になって1年。「生徒との会話がすごく楽しい。あれだけ学校が嫌いだったのに」。居場所がないと悩む子どもたちとも、積極的に関わるようにしているという。

 道しるべは、不登校だった自分自身の経験だ。「あの時の私もそう。だから、今度は私がありのままを受け止めたい。大丈夫だよって」



学校、行かなきゃいけないの? これからの不登校ガイド 雨宮処凛(あまみや・かりん)著(2021年3月7日配信『東京新聞』)

キャプチャ

◆答え探す人の道しるべ

[評]貴戸理恵(関西学院大准教授)

 「学校、行かなきゃいけないの?」。子どもに問われたら、何と答えるだろうか。それは大人の側の姿勢が問われる問いである。

 この本には、さまざまに応答する大人が登場する。「学校に行かなくても問題はない」と、学校以外の選択肢を提示するフリースクール創立者。「校則、宿題、チャイム、全部なくした学校ならどう?」と提案する破天荒な元校長。「貧困で学校に行きにくくても進学機会が奪われないように」と生活保護世帯の子どもらに無料の学習支援や食事を提供するNPO理事。「学校は行けるなら行った方がいい。でも別に不登校が悪ではない」と実体験から答える芸人。「学校の管理モデルは刑務所と軍隊だから、しんどいのは当たり前」という精神科医。

 「不登校」はこれまで、ある枠組みのなかにすっきり収まるかたちで語られることが多く、枠組みから漏れる側面は見えなくなりがちだった。たとえば、「不登校を多様な選択肢の一つとして認める」という視点からは、「フリースクールなど学校外のオルタナティブな学び育ちの場の制度化」が解決に見えて、不平等や貧困の問題は脇へ置かれる。他方で不平等や貧困を問題化する視点からは、「公教育の充実」が解決に見えて、「学校自体を問い直す」ことはなされにくい。そんな傾向があった。

 しかしこの本は、その両方に目配りする。著者は書く。「不登校でも、それがその後の人生において不利にならず、社会に出ている人は多くいるという事実に勇気づけられる。その一方で気になるのは、この二十年ほど深刻化している格差と貧困の問題だ」。それは、学校でいじめに遭って生きづらさを抱え、その後不安定労働や貧困の現場を取材してきた著者のキャリアが可能にした固有の視点だろう。その著者が、みずからの中学時代を振り返って書く「今、私はこの時期に不登校をしなかったことを悔いている」という言葉は重い。

 冒頭の問いに「正解」はない。自分なりの答えを探そうとする人の、道しるべとなる一冊だ。

(河出書房新社・1540円)
1975年生まれ。作家・活動家。著書『右翼と左翼はどうちがう?』など多数。


◆もう1冊


工藤吉生(よしお)著『世界で一番すばらしい俺』(短歌研究社)

キャプチャ

キャプチャ2





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ