FC2ブログ

記事一覧

障害者スポーツ、魅力を再確認 指導員らスキルアップ 静岡(2021年3月28日配信『静岡新聞』)

 静岡県障害者スポーツ指導者協議会は27日、障害者スポーツ指導員の有資格者を対象に、スキルアップや資質向上を図る「アダプテッドスポーツフェスティバル」(静岡新聞社・静岡放送後援)を静岡市駿河区の草薙総合運動場体育館このはなアリーナで開いた。

キャプチャ
車いすを使ったスラローム競技に挑む参加者たち=静岡市駿河区の草薙総合運動場このはなアリーナ

 県内の指導員約40人が集い、パラリンピック種目のゴールボールやシッティングバレーボールなどに汗を流しながらルールや指導時の注意点、競技の魅力などを改めて学んだ。車いすを使ったスラローム競技にも挑戦。円筒の目印を倒さないように周囲を回ったり後進したりしながらゴールを目指し、車いすを思い通りに扱うことの難しさを体感した。

 同協議会の大胡田茂夫会長は「アフターコロナに向けて指導員が障害者スポーツの魅力を再確認し、PRしていければ」と話した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ