FC2ブログ

記事一覧

IR汚職事件初公判 秋元司衆院議員が無罪を主張(2021年3月29日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

秋元司 衆議院議員がIR・統合型リゾート施設の事業をめぐって収賄と証人買収の罪に問われている事件の初公判で、秋元議員は「起訴されたすべての事件で無罪です。このことははっきりと申し上げます」と述べ、無罪を主張しました。

キャプチャ2

IRを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司被告(49)は、平成29年と30年に中国企業の元顧問らから総額760万円相当の賄賂の提供を受けたとして収賄の罪に問われているほか、贈賄側の元顧問2人に裁判でうその証言をするよう依頼し報酬として現金2000万円を渡そうとしたなどとして証人買収の罪に問われています。

29日、東京地方裁判所で初公判が開かれ、秋元議員はダークグレーのスーツを着て出廷しました。

起訴された内容について問われると、秋元議員は冒頭で「今回疑惑を持たれて課せられた職責を十分に果たせず、申し訳ない。支援して下さった方々に証人買収の罪を負わせてしまい、大変申し訳ない」と述べました。

そのうえで「起訴されたすべての事件で無罪です。このことははっきりと申し上げます」と述べて、無罪を主張しました。

裁判ではこのあと、検察と弁護側双方が、冒頭陳述を行う見通しです



「無罪だとはっきり申し上げる」衆院議員・秋元被告、IR汚職事件で初公判(2021年3月29日配信『共同通信』)

キャプチャ
衆院議員秋元司被告

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員秋元司被告(49)は29日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)の初公判で「起訴された全ての事件は無罪だとはっきり申し上げる」と述べた。収賄罪で共犯とされた元政策秘書豊嶋晃弘被告(42)も無罪を主張した。

 起訴状によると、秋元議員はIR担当の内閣府副大臣と観光施策を所管する国土交通副大臣を兼務していた2017年9月~18年2月、IR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から中国、北海道への接待旅行費や現金の計約760万円相当の賄賂を受け取ったとしている。豊嶋被告は共謀したとして在宅起訴された。

 さらに秋元議員は昨年6~7月、「500社」の元顧問2人に裁判での虚偽証言をするよう依頼し、報酬の提供を持ち掛けたとしている。

 起訴内容について、秋元議員は捜査段階から一貫して否定しているが、豊嶋被告はいったん認めた後、否認に転じた。 




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ