FC2ブログ

記事一覧

職員深夜飲食問題 厚労相謝罪 処分検討「常識では考えられず」(2021年3月30日配信『NHKニュース』)

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10

厚生労働省の職員23人が、都内の飲食店で深夜まで送別会を開いていた問題について、田村厚生労働大臣は「国民に生活の制約をお願いしながら、信用を裏切り申し訳ない」と謝罪し、早急に関係者の処分を検討する考えを示しました。

厚生労働省で介護保険などを担当している老健局の職員23人は、今月24日、都内の飲食店で開かれた送別会に参加し、一部の職員は、深夜0時近くまで店に残っていました。

これについて田村厚生労働大臣は、記者団に対し「23人という非常に多い人数で、常識では考えられない。国民に日頃、生活の制約をお願いしていながら信用を裏切る形になりおわびを申し上げる」と謝罪しました。

そのうえで「国民があきれて『厚生労働省もやっているのだから、やってもよい』とならないようしっかり綱紀粛正をしたい」と述べ、早急に関係者の処分を検討する考えを示しました。

また、同様のケースがないか速やかに調査する方針も明らかにしました。

東京都は緊急事態宣言が解除されたあとも、来月21日まで飲食店の営業時間を午後9時まで短縮するよう求めていて、菅総理大臣も「歓送迎会などの季節となるが、大人数での会食は控えていただきたい」と呼びかけていました。

加藤官房長官「正直言っていったい何をやっているんだと」

キャプチャ

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で「話を聞いたときに、正直に言って、いったい何をやっているんだという思いを強く持った。国民に対し『会食は、できるだけ家族で、または4人以内でお願いします。これから卒業式、入学式、歓送迎会などの季節になるが、大人数の会食はお控えいただくようお願いします』と呼びかけをした中で、まさに新型コロナウイルス感染症対策を担う厚生労働省で、こうした事案が行われたことは大変遺憾だ」と述べました。

西村経済再生相「感染広がった経験を絶対忘れてはいけない」

キャプチャ2

西村経済再生担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「大変遺憾だ。去年、3月と4月の行事が多い時期に感染が拡大し、緊急事態宣言を発出した経験や12月に忘年会や飲み会で急激に感染が広がった経験を絶対に忘れてはいけない。飲食は大人数、長時間は控えて、家族か4人以下にし、アクリル板のある換気のいい店を選び、会話の時はマスクをすることも含め徹底した対策をお願いしたい」と述べました。

参院厚労委員長「極めて軽率な行動」

キャプチャ3

厚生労働省の職員が大人数で深夜まで飲食をしていた問題について、参議院厚生労働委員会で、小川委員長は「感染予防を呼びかける立場で、極めて軽率な行動と言わざるをえない」と厳しく注意しました。

この中で田村厚生労働大臣は「東京都が時短営業を要請している中、深夜0時前まで大人数で飲食をしており、大問題だ。国民の信用を失う行為であることは間違いなく、厚生労働大臣として、十分に指導ができていなかったことを、改めておわびする」と謝罪しました。

これに対し、自民党の小川克巳委員長は「新型コロナウイルス対策の中心的役割を果たし、感染予防を呼びかける立場で、極めて軽率な行動と言わざるをえない。厚生労働省には猛省を促すとともに、一部の職員の行動として済ますのではなく、組織としてどうしなければならないか、しっかり考えてほしい」と厳しく注意しました。

自民 二階幹事長「しっかり反省し対処を」

キャプチャ4

自民党の二階幹事長は、記者会見で「役所の皆さんには、普通の標準的な常識があるだろうから、しっかり反省して対処してもらいたい。特別に処分が必要とまでは考えていないが、反省のいかんによって考えていかなければならないだろう」と述べました。

自民 森山国対委員長「極めて遺憾」

キャプチャ5

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し「厚生労働省内で注意喚起がされているにもかかわらず、大人数で深夜まで会食していたことは極めて遺憾だ。コロナ禍では許されることではなく、十分な反省を求め、処分もしっかり対応してもらいたい。国会の審議に影響がないよう、引き続き努力しなければならない」と述べました。

公明 山口代表「わが耳を疑うぐらいびっくり」

キャプチャ6

公明党の山口代表は、記者会見で「わが耳を疑うぐらいびっくりした。国を挙げて新型コロナの対応をとり、外出自粛などを国民にお願いする立場の政府の中で、最大の任務を担っている厚生労働省の職員がルールを超えて大人数で深夜まで飲食していたことは考えられない。厳正な対応を望みたい」と述べました。

立民 共産 国民 厚労相の監督責任ただす方針確認

厚生労働省の職員23人が、都内の飲食店で深夜まで送別会を開いていた問題について、立憲民主党、共産党、国民民主党の野党3党の国会対策委員長らが会談し、国民に自粛を求める側として言語道断の行動で、監督者の責任も問われる事態だとして、田村厚生労働大臣の監督責任もただしていく方針を確認しました。

立民 安住国対委員長「誰も政府を信用しなくなる」

キャプチャ7

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「厚生労働省は『大人数や長時間の会食をやめてください』と自粛を求め、われわれは、それを守ってやってきた。呼びかけている側の自分たちが、それを破っていたら誰も政府を信用しなくなる。田村厚生労働大臣も、気楽に部下を処分しますと言っているが、あなたの責任はどうなのかということだ」と述べました。



田村厚労相、職員の深夜宴会で謝罪 時短要請中、関係者近く処分(2021年3月30日配信『時事通信』)

キャプチャ
厚生労働省の職員23人が銀座の居酒屋で深夜まで宴会を開催していた問題で、陳謝する田村憲久厚労相=30日午前、国会内

 田村憲久厚生労働相は30日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された3日後に職員23人が深夜まで宴会を開いていたとして、「国民に生活の制約をお願いしている省でありながら、国民の信用を裏切る形になり、おわび申し上げる」と謝罪した。近く関係者を処分する方針。

 厚労省によると、介護保険制度を担当する老健局の老人保健課の職員が24日、東京都内の居酒屋で送別会を開催。参加者は順次増え、課長を含む計23人が出席した。都は緊急事態宣言の解除後も飲食店に対し午後9時までの時短営業を要請していたが、午後11時まで開いている店を予約し、午後7時15分ごろから午後11時50分ごろまで会食していたという。

 田村氏は「23人という非常に多い人数で、常識では考えられない」と指摘。会見後に開かれた参院厚労委員会でも謝罪した。小川克巳委員長(自民)は「極めて軽率な行動と言わざるを得ない。厚労省には猛省を促す」などと注意した。

 政府は感染リスクが高まる場面として「飲酒を伴う懇親会」や「大人数、長時間におよぶ飲食」を例に挙げ、会食する場合は4人以下とし、歓送迎会も避けるよう求めている。



玉川徹氏「どうなってるんですかねー…」 厚労省職員23人の深夜宴会に絶句(2021年3月30日配信『デイリースポーツ』)

 テレビ朝日の玉川徹氏が30日、同局系の「羽鳥慎一モーニングショー」で、厚労省老健局の職員23人が深夜に及ぶ宴会を行ったというニュースに絶句した。

 番組では、厚労省職員の送別会を24日午後7時過ぎに開始し、会場の居酒屋に順次集合するうちに23人にふくれ上がったと報道。店内にはアクリル板がなく、職員らはマスクなしで飲食していたこと、参加した職員の「良くない事だとは分かっていたが、異動する職員を送り出したかった」というコメントも伝えた。

 緊急事態宣言が21日にいっぱいで解除されたが、東京都はその後も飲食店に対し午後9時までの営業時間短縮を求めている中での不祥事。玉川氏は感想を求められたが「だから、どうなってるんですかねー…。逆に聞きたいですけどね。『悪いことだと思っていたが』って…。僕ちょっと理解できないです、これは」と、絶句しながら呆れ返っていた。



厚労官僚深夜会食「怒りに震えた」 自民・世耕参院幹事長(2021年3月30日配信『産経新聞』)

 自民党の世耕弘成参院幹事長は30日の記者会見で、厚生労働省の職員23人が東京都による営業時間の短縮要請が継続していた24日の深夜に、東京・銀座の飲食店で会食していたことが判明したことについて「(昨夕に)第一報を聞き、人数、時間のオーバー具合に怒りに震えた。とんでもないことをしたと思っている」と述べた。

 世耕氏は、会食をしていたのが老健局職員だったことに触れ「(老健局は)全国の老人福祉施設などを管轄している。施設で働く皆さんは飲み会どころか外食もやっていない。細心の注意を払って高齢者の生命を守るために汗をかいている」と強調。「(会食に参加した)指導的立場にある人間はもう職務遂行不可能ではないか。全国の施設に指示や行政指導なんてできない」と語気を強めた。

 その上で、世耕氏は「厚労省にはしっかりとけじめをつけてほしい」と処分を求めた。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ