FC2ブログ

記事一覧

厚労省 送別会主催の課長を事実上の更迭へ(2021年3月30日配信『NHKニュース』)

厚生労働省の職員23人が、都内の飲食店で深夜まで送別会を開いていた問題で、厚生労働省は、会合を主催した老健局の老人保健課長を大臣官房付に異動させ、事実上、更迭するほか、田村厚生労働大臣も大臣給与2か月分を自主返納する方向で調整を進めていることが分かりました。

厚生労働省で介護保険などを担当している老健局の職員23人は、今月24日、都内の飲食店で開かれた送別会に参加し一部の職員は、深夜0時近くまで店に残っていました。

職員らは、午後11時まで営業している店を探して予約していたということです。

この問題で、厚生労働省は、会合を主催した老健局の老人保健課長を、大臣官房付に異動させ、事実上、更迭するほか、田村厚生労働大臣も、管理責任をとって大臣給与2か月分を自主返納する方向で調整を進めていることが分かりました。



厚労省官僚「銀座で0時頃まで23人宴会」のあぜん(2021年3月30日配信『東洋経済オンライン』)

時短要請の21時を過ぎても帰らず、店に残り

キャプチャ
マスクを外し、大きな声で盛り上がる厚労省の職員たち(撮影:藤原 宏成)

二度目の緊急事態宣言が1都3県でようやく解除されてから、わずか3日後の3月24日。東京で最大級の繁華街、銀座では飲食店に対する営業時間の短縮要請が継続していたこともあり、夜になると人影はまばらだった。

しかし、ある居酒屋は違った。1グループ23人もの参加者が集い、深夜まで盛大な宴会が催されていたからだ。

この大宴会の参加者が、よりにもよって新型コロナウイルス対策を担う厚生労働省に属する官僚たちだったと聞けば、一般の人たちはどんな感想を抱くだろうか。

「大人数での飲食自粛」は政府や自治体のメッセージ

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は参院内閣委員会や記者会見など公の場で、再三再四にわたって「会食はなるべく5人以下にしてほしい」と訴えてきた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、大人数での飲食自粛は政府や自治体のメッセージだ。緊急事態宣言下で「夜の銀座」へクラブ通いをして自民党や公明党の議員が離党や辞職に追い込まれたのは記憶に新しい。

むろん3月24日時点では緊急事態宣言は解除されていた。宴会の一部始終を再現してみよう。

19時10分、人影もまばらな店内に、厚労省老健局の職員6人が訪れた。席に通されるやいなや、マスクを外して談笑が始まる。「今からまだまだ来るから」と言い、参加者が集まるのを待っていた。

この日は国会開催中だったため残業もあったのだろう。集合は三々五々、ぽつりぽつりと職員が店を訪れる。19時50分を回り、10人が集まったところで幹事の職員が「では乾杯しましょう」と発声。グラスを重ね、拍手が起きた。

マスクなしの大声で0時近くまで

参加者たちは出された食事をつまみながら、話に花を咲かせている。感染防止などどこ吹く風で、誰一人マスクをせずに大きな声で盛り上がってきた。濃厚接触間違いなしで、1人でも新型コロナになっていればクラスターの発生さえ危惧される。その間に1人、また1人と店を訪れ、20時10分の段階で17人に。幹事の「改めて乾杯しましょう」との掛け声に、「かんぱーい!」と大きな声が会場に響き渡った。

厚労省によれば、この宴会は人事異動に伴う送別会だったという。そのため異動対象者がみんなの前で挨拶、その都度、「お疲れ様でしたぁ」との歓声と拍手が起きていた。

最後の厚労省官僚が訪れたのは21時30分ごろ

会は盛り上がっていたが、店側は困惑気味だった。というのも、時短要請によって21時に店を閉めなければならないのに、「これからまだ来るから」と料理の提供を一時的に止められていたからだ。23人目となる最後の厚労省官僚が訪れたのは、営業終了時間を30分も過ぎた21時30分ごろ。盛り上がっているため店側も中断させることができず、スタッフは「まだまだ終わりそうにないなぁ」とぼやいていた。

結局、宴会が終わったのは22時30分ごろだった。

23人もの厚労省官僚が、マスクなしで深夜まで宴会をしていた事実だけでも驚きだ。しかし、これで終わりではなかった。話が尽きなかったのか、支払いを済ませた後もぐだぐだと店に残り、全員が店を出たのは日付が変わる寸前。地下鉄の駅に急いで向かう職員もいたが、一部には「もうこの時間だし」と言ってタクシーで銀座を後にしていた。

企業や団体は独自の基準を設けているのに

緊急事態宣言が解除されたからとはいえ、感染の再拡大が懸念されており、企業や団体は、夜の会合や宴会の実施について独自の基準を定め、社員や職員などに順守するよう求めている。例えばある大手銀行は原則禁止、どうしても必要な場合は上司の承諾を得たうえで認めるものの、参加者は最大4人までにするよう求めているという。

この銀行の幹部は、「従業員を守るという意味に加え、相手にも迷惑をかけてしまうのを防ぐためだ。万が一クラスターなどを起こしてしまえば、社会的な責任も問われかねず、しばらくの間は細心の注意を払っている」と語る。


会合の制限基準はあるものの順守されず


法制度で公に定められていないとしても、社会的責任を鑑みて内規の整備や通達がなされている組織は少なくない。こうした取り決めがコロナ対策の総本山である厚労省にはないということなのか。

厚労省は、「大臣官房人事課から各部局に対し、業務後の大人数での会食や飲み会を避けるよう指示している」とするとともに、政府が2020年3月28日に発表した「感染リスクが高まる5つの場面」に該当するような行動は避けるよう指示しているという。次の5場面だ。

①飲食を伴う懇親会等
②大人数や長時間におよぶ飲食
③マスクなしでの会話
④狭い空間での共同生活
⑤居場所の切り替わり


今回はこの「5つの場面」のうち、「①飲食を伴う懇親会等」「②大人数や長時間におよぶ飲食」「③マスクなしでの会話」という3つに該当。特に、②の中で感染リスクが高まる事例として上げられている「5人以上の飲食」についても完全にアウトだ。

こうした事態について厚労省は、「今回の会食は指示の趣旨に反するものであり、再発防止のため改めて指示をし、全職員の認識を徹底することとする」とコメントする。    

確かに新型コロナの感染が拡大して以降、対策の中枢を担ってきた厚労省の職員たちはハードな仕事を強いられてきたため、宣言解除で気が緩んだのかもしれない。4月の新年度を控えた人事異動はどの職場にもあり、送別会を大々的に開きたくなるところだ。国民のコロナ疲れも限界に来ている。

しかし、国民に対し不自由な生活を強いている立場であることを考えると、いささか軽はずみな行動だったのではないかと言わざるをえない。



金子恵美氏「上司の問題」厚労省23人宴会問題の原因は官僚の縦社会(2021年3月30日配信『デイリースポーツ』)

 元衆議院議員の金子恵美氏が30日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO! Smile!」に出演。厚生労働省職員23人が送別会のため深夜まで東京・銀座で宴会を行っていた問題について「上司の問題もある」と指摘した。

 金子氏は、「よくないと分かっていながら結局残っていたという、おかしいということを思えない感覚がおかしい。霞ヶ関公務員への信用失墜というのは嘆かわしい」と指摘した。

 その上で官僚の縦社会について着目。「そこに管理職がいたわけですね。役所の縦社会を考えると、部下の人たちはヒヤヒヤしていたと思うが、先に帰ることができない空気だった。上司の問題もある」と話した。



午後11時まで営業の店探し予約…厚労省職員23人会食、厚労相「国民の信用を裏切った」と謝罪 時短要請中(2021年3月30日配信『共同通信』)

 田村憲久厚生労働相は30日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた東京都による営業時間の短縮要請が続いていた24日の深夜、同省職員23人が東京・銀座の飲食店で会食していたと明らかにした。田村氏は「国民の信用を裏切り、おわびする」と謝罪。早急に調査し厳正に処分する方針を明らかにした。

 田村氏は「今、類似の事案がないか確認中だ」とも述べ、23人以外にも深夜に会食していないか省内全体を調べていると述べた。感染拡大防止を呼び掛ける立場の厚労省職員の行動に、批判が巻き起こるのは必至だ。

 厚労省は30日の参院厚労委員会で、会食には介護報酬などを担当する老健局老人保健課の職員の大半が出席したと説明。午後11時まで営業している店を探して予約し、翌午前0時近くまで及んだことを明らかにした。

 会食は午後7時15分に開始し、十数人が最後まで残っていたという。24日は都による午後9時までの営業時間短縮要請が続いていた。



人ごと厚労省「大炎上」深夜の銀座でルール無視会食(2021年3月30日配信『日刊スポーツ』)

国民は我慢しているんだぞ-。厚生労働省の職員23人が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて営業時間短縮要請が続く東京都内の居酒屋で今月24日、深夜まで会食していた問題が「大炎上」し始めた。会合中にマスクを外し、深夜まで営業している店を選んでいたことも判明。感染防止を呼びかける側が、まるで人ごとのようなルール破りだ。同省は30日夜、会の発案者を事実上更迭する人事を発表した。菅義偉首相も、謝罪に追い込まれた。

   ◇   ◇   ◇

「非常に多い人数。常識では考えられない」。田村憲久厚労相は30日の会見で、東京都で続く飲食店への営業時間の短縮や、国民に求める会食自粛の要請を無視するような厚労省職員の深夜会食問題を、強い言葉で非難した。「国民の信頼を裏切った。おわびする」と、謝罪した。

厚労省の説明によると、会食は介護保険制度を担当する老健局老人保健課の送別会。発案者は同課課長で、東京・銀座の居酒屋で行われた。所属する三十数人のうち、課長を含む23人が出席。大半は会話中にマスクを外していたという。

さらに、営業時間が午後9時までと要請されているにもかかわらず、午後11時まで営業している店を探して予約していたことも判明。会食は午後7時15分に始まり、午前0時近くまで続いた。十数人が最後まで残っていたという。

政府のコロナ対策分科会は、会食の際は「職場の同僚らいつも近くにいる4人まで」「食事は短時間」「会話する時はマスク着用」を求めているが、いずれも無視された格好だ。

感染拡大防止を呼びかけ、本来は範を示す側の重大なルール違反。厚労省は30日夜、会を発案した課長を大臣官房付とし事実上更迭すると発表。田村氏が閣僚給与2カ月分を自主返納することも明かした。23人のうち課長は30日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分。19人は訓告や注意などで、残る3人は自治体からの研修生で処分しない。

また厚労省は、緊急事態宣言が出された1月7日以降、5人以上が参加した職場の会食を他に2件確認したとも発表。いずれも宣言解除後に開き、午後9時までには終了していたというが、同省はコロナ対応以外でもミスが目立つ。世論の反発が広がる中、スピード処分で火消しをはかった。菅首相も取材に「大変申し訳ないことだ」と陳謝したが、国民の怒りはおさまりそうにない。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ